スポーツ

一度も達成されていない「夏の甲子園完全試合」に最も近づいた投手とは?

 投手にとって最高の栄誉である完全試合。甲子園では78年の春の選抜第50回大会で前橋(群馬)の松本稔が1回戦で比叡山(滋賀)相手に、94年の春の選抜第66回大会で金沢(石川)の中野真博が1回戦で江の川(現・石見智翠館=島根)相手にと、2度の達成者が現れている。ところが春の選抜よりも長い歴史を誇る夏の選手権では、いまだに達成者が現れていないのだ。

 ノーヒットノーランは過去23回達成されていて、これは春の選抜の12回(前述した完全試合2試合含む)よりも断然多いのだが、不思議なことになぜか完全試合は成し遂げられていないのである。

 その中でも最も惜しかったのが、82年第64回大会での佐賀商のエース・新谷博(元・西武など)だろう。1回戦の木造(青森)戦。佐賀商が7‐0とリードして迎えた9回裏2アウトまで新谷は1人のランナーも許さないピッチングを展開し、夏の甲子園史上初の完全試合を続行していた。だが、27人目の打者・ピンチヒッターの世永幸仁の右腕に痛恨の死球。“あと1人”まで迫っていたのだが、最後の最後で夏の甲子園史上初の完全試合を逃してしまった。それでも続く1番打者をセカンドゴロに打ち取り、大会史上19人目のノーヒットノーランを達成したのだった。

 この完全試合、大会が始まったのが1915年だから実に1世紀以上も達成者なしという本当に実現困難な記録となってしまった。それだけに新谷が27人目のバッターに与えたデッドボールはまさに“世紀の死球”となってしまったといえよう。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”