スポーツ

夏の甲子園、史上唯一延長戦でノーヒットノーランを達成した投手はあの人!

 甲子園大会でのノーヒットノーランは春夏通じてこれまで37回達成されているが、その中でたった1度だけ、延長戦で記録されたノーヒットノーランがある。57年第39回大会でのこと。その記録保持者こそが、早稲田実(東京)の2年生エースだった王貞治(元・巨人)である。

 この年の早実は春の選抜で甲子園初制覇を飾っていて、当然のようにこの夏の選手権でも優勝候補の一角として甲子園出場を果たしていた。当然、王も2年生エースながら春の選抜の優勝投手として注目されていた。そして組み合わせ抽選の結果、2回戦から登場することとなった早実は寝屋川(大阪)と対戦。王は立ち上がりから快調なピッチングを披露していたが、相手の島崎武久も好投手で、早実打線もなかなか攻略しきれないまま緊迫した投手戦が続いていった。そしてとうとう0‐0のまま、延長戦に突入することに。9回を投げ終えた時点で王は寝屋川打線をノーヒットに抑えていたものの、早実打線も寝屋川のエース・島崎の巧みなピッチングにかわされ、散発の4安打に終わっていた。

 こうしていつ果てることもなく続くと思われた投手戦だったが、延長11回表、試合が動いた。早実は3番を打っていた王が敬遠されて1アウト満塁のチャンスを迎える。この絶好の場面で4番の相沢邦昭が犠牲フライを放ち、ついに1点をもぎ取ったのだった。その裏、王は寝屋川打線を3者凡退に退けて、春夏通じて史上初の延長戦でのノーヒットノーランを達成したのである。投球数136、打者36人に対して奪った三振8、与えた四死球4という投球内容であった。

 この勝利でチームは勢いに乗り、春夏連覇へと近づいたと思われたが、準々決勝で法政二(神奈川)の前に1‐2で惜敗。連覇の夢は潰えたのであった。

 さらに最上級生となった翌年。王は主将として春の選抜に帰ってきた。春連覇を狙ったものの、準々決勝で済々黌(熊本)に5‐7で敗退。そして夏は東京都大会の決勝で延長12回、5‐6で明治に逆転サヨナラ負けを喫し、最後の夏に甲子園に戻って来ることはできなかったのである。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声