エンタメ

「ニッポンの長寿番組」ギネスな秘密!「ボクを呼んでくれない『笑点』が本命」(デーブ)「パワーダウン『ぐるナイ』は終了が妥当」(荻野)

 長寿番組といえども、その存続は安泰ではない。そこで2人のテレビフリークが大胆予想。はたして、最も早く天寿を全うしそうな番組は!?

 デーブ・スペクター氏が本命視するのは「笑点」だ。

「結論から言うと、何十年も続いているのにボクを一度も呼んでくれない番組はすぐに終わるべき(笑)。この中だと『笑点』と『チューボーですよ!』。こんなにダジャレを言い続けてるボクを『笑点』はなぜ呼ばないの!? でも、本当は『笑点』は10年前に終わってるんです。この10年はずっと再放送が流れているのに誰も気づかない。なんて、それは冗談だけどね」

 一方、ペリー荻野氏は16年続いている「SMAP×SMAP」を本命に推す。

「これまで『HEY!HEY!HEY!』や『月9』『スマスマ』とフジ大好き人間は3時間ここにとどまっていたわけですが、今年12月に28年続いた『HEY──』が終了することになり、視聴者の流れが変わる可能性がある。今や5人そろったSMAPを見るのはCM限定で十分。週イチ放送はやめて『ドリフ大爆笑』のようなプレミア特番を目指しては?」

 2人とも重い印が付いたのが「ぐるナイ」だ。

「何度見ても番組の趣旨がわからない。おいしそうな料理が出てきたり、学生服を着たりしてるけど、じゃあ、どんな番組なのかと言われても説明できないんです。長く続く番組は『新婚さんいらっしゃい!』みたいに、フォーマットがしっかりしているんですよ」

 そうデーブ氏が言えば、ペリー氏もこう話す。

「最近、特番などに取って変わられ、放送自体が減っているのが気になるところ。しかも、10月から『快脳!マジかるハテナ』が始まると、バラエティが4つも並び、いかにも濃い。ここに変化をつけるなら、パワーダウンしている『ぐるナイ』を終わらせるのが妥当かなと」

 また、荻野氏は単穴として「さんまのまんま」に▲印を打った。

「好調な『ほんまでっかTV』もあり、無理して続ける意味がありません。本人がライフワークにしていれば別ですが、終わってもいいでしょうね」

 最後にデーブ氏が言う。

「『TVタックル』は個人的に何か嫌いなんですが、『いいとも』は、ボクがデビューした番組だから終わってほしくない。タモリさんが『終わってもいいとも!』って言うまで終わらないですよ」

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
ファン困惑!竹内結子“夜の営み”を妄想させた5カ月ぶりのインスタ投稿