芸能

ブルゾンちえみ「良いパッケージ考えた」発言の“深意”と“野望”!

 9月4日、「行列のできる法律相談所」にブルゾンちえみが出演。自分の考案した、男2人を両脇に付き従わせるスタイルに「良いパッケージ考えましたわ」と自信をのぞかせた。

「この日、出演者の北村晴男弁護士が、『巷に広まるブルゾンちえみ』現象ということで、フィギュアスケート・荒川静香の両脇に、ロシアのプルシェンコと、織田信成が居並ぶ写真を紹介していました。しかも織田はツイッターで、『細胞レベルで、スケートしてる?』と、ブルゾンおなじみのフレーズにかけてつぶやいていたんです。さらに長野県中野市の職員採用試験のポスターにブルゾンちえみwithBさながらに、男性2人、女性1人で写るモデルが掲載されていることも話題になっていると北村は紹介。このポスターの上には『新しい市役所で働きたくない?』と、これまたブルゾンが言いそうな言葉で応募を促していることも伝えてました」(芸能ライター)

 振り返れば、かつて男の子2人と女の子1人で行動している時に言われた言葉が「ドリカム状態」だった。もちろんこれはかつて3人編成だった DREAMS COME TRUEになぞらえて表現したもの。その後、MY LITTLE LOVER、globe、Every Little Thing、Do As Infinityなども出てきたが、やはり『ドリカム状態』という表現自体はなかなか消えなかった。

「その後、『いきものがかり』が出てきたときは時代の流れもあったのか、男2人女1人でいるときは『なんか“いきものがかり”っぽいよね』と言う人も多かったようです」(前出・芸能ライター)

 しかし、今やそのいきものがかりも活動を停止中。そこに飛び込んできたのがブルゾンちえみwithBだったというわけだ。つまり男2人女1人の状態を「ブルゾン状態」と言う時代が来たというわけだろう。このスタイルをみんながマネすればするほど自分たちの名前も浸透するとあって、ブルゾンが「良いパッケージ考えた」と思わずニンマリするのもわかる。

 もっとも、彼らが売れなくなって言葉だけが残るのかもしれないが…。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”
5
倉科カナがまた“Fバスト半見せ”!大胆化で囁かれる“フル出し”過激シーン挑戦