芸能

西川きよしの愛弟子・西川まさとが自ら命を絶った理由(2)「殺すぞ」とイスを振り回し

 その暴行事件とは、6月21日の夜に遡る。まさとは大阪ミナミの繁華街で飲食店を巡り、10月1日に予定されていた、自分が出演するコント劇のポスターやパンフレットを配っていた。雑居ビルにある顔見知りだったスナック「C」に姿を見せたまさとは、そこにいた客たちにパンフレットを配り「チケットを購入してくださいね」と愛想を振りまいていたのだが‥‥。

「そんなん、おもろいんか?」と常連客にチャチャを入れられてカッとなってしまったのだ。

 当時、スナックに居合わせた客が証言する。

「そもそも、まさとは酔っ払って来店したんです。顔なじみで近所に住む、60代で自営業者のA社長が『まさと、一杯飲もうか?』と声をかけたら、『お前ら、チケットも買ったことないのにエラソーにすんな』『殺したるで』『この野郎!』と言いながら突然、店のイスを振り回して暴れ始めたんです」

 当時7人ほどが店内にいたが、乱暴をやめさせようとまさとの腕をつかんだA社長に対し、「こら、殺すぞ!」と暴言を吐きまくり、足を蹴ったりシャツを破いたりしてケガを負わせ、さらに別の客にも狼藉に及び負傷させたという。

「5分以上も暴れていたんです。まさとは店を出て行きましたが、すぐ近くの、やはり顔なじみの飲食店に入ると『どつかれてケガをしてしまった』と、自分が被害者であると周囲に言いふらしたんです。どこかにぶつけたのか、まさとの顔が腫れていたので、それが信用されてしまった。『病院に行って診断書を取りな』とか『警察に被害届を出せよ』と、まさとの話を信じた周囲の客がフォローしたんですね。すると、それから1週間ぐらいしてA社長のところにヤクザが“挨拶”に来たというんです」(前出・スナックに居合わせた客)

 局面は予想だにしない事態へと展開していったようだ。ケガを負わされた被害者、A社長に事情を聴くと、

「(まさとに)やられたのは事実です。ボクは一切、手を出していません。急に『この野郎!』『どついたる』『○○人が何をほざいてる』などと言葉にもできない罵詈雑言を吐かれ、ツバも浴びました。私も血の気は少なくないので反撃しようとも思いましたが、お店に迷惑がかかると思い耐えていました。知人のBさんも殴られてケガをした。足の甲を踏まれて腫れ上がり、靴が入らないようになったり、スネも腫れて、1~2日は歩行することもできないほどでした。いちおう警察に全治2週間の診断書と被害届を出しましたが、彼とは何度か一緒にお酒も飲んでいた仲ですし、芸人という人気商売ですから、謝りに来たら表ざたにはしないでおこうと思っていました」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手