芸能

島田紳助「タレントキャスター」の功罪

 一方、日本最初の独立系制作会社のテレビマンユニオンで番組制作に携わったあと、大学でメディア論を講じてきた、碓井広義・上智大学教授の見方はかなり辛辣だ。

「紳助さんのあの引退会見で覚えているのは、引退の花道に臨んだ際の大芝居ぶりですね。言い分としては、本来は謹慎で済むものを、あえて引退の道を選んだと語った。そして、それを『美学』という言葉で表現した。後輩に身をもって示すのだと。ところが、仮に芸能界に居続けても、イメージダウンの逆風が渦巻くのは当の本人がいちばんよくわかっている。だから、散り際のイメージ作りを切腹の介錯になぞらえる形で演出したということでしょう。だが、はたして、そんなきれい事なんでしょうか‥‥」

 今となっては美談仕立てで語られる引退会見にもまた、大物芸人ならではの「周到な計算と打算」がかいま見えたと言うのだ。

「実際、紳助さんがいなくなって(テレビ局は)どうでしょう。申し訳ないけど、特に変わったこともない。つまり、番組の中身自体がしっかりしていれば、視聴者は見続けるということです。引退の前後には、いなくなったら大変という空気がありましたが、実は、紳助さんがそういうイメージ作りをするのが巧みだっただけで、また、周りもそのほうが楽だったんでしょう。テレビというものは皆で作るもので、最初は看板としてのタレント性が必要でも、ある力学で番組が動き始めると、際立ったタレントはむしろ害にすらなりかねないんです」

 また、紳助の成功によって一般化した「タレントキャスターの功罪」についても手厳しい。

「社会に対する関心を視聴者に植え付ける呼び水となったという意味では、ニュース・報道番組の垣根を下げたと言えるでしょう。その一方で、本来はプロフェッショナルが行うべきテレビジャーナリズムの価値も下げてしまったのではないでしょうか。紳助さん以後、キャスターの『役』を演じる人が前面に出るようになり、『キャスター』の信頼度が揺らいできた」

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
あの炎上ワードは口癖?渡部建を接客したホステスが“トイレ秘話”を告白!
3
辻希美、「息子とSLを見にお出かけ」報告にまさかの「撮り鉄以下」批判!?
4
一時は嵐や瑛人抜き?「有吉の壁」発の2.7次元アイドルの突発人気がスゴいッ
5
二階堂ふみ&薬師丸ひろ子、「同じ高校」報道で気になる“大学時代”の違い!