芸能

あの美女たちの「まさかの艶シーン」大全(3)<唸った珠玉の8篇>夏目雅子がNHKドラマ「ザ・商社」で…

 数ある“まさか”の中でも、好事家の胸をときめかせるほどの意外作とは? 美女たちの艶シーン研究の第一人者である松井修氏が、特にしびれたシーンを振り返る。

 まず真っ先に頭に浮かんだのは、夏目雅子です。松本清張原作、和田勉演出の「ザ・商社」(80年、NHK)での、見逃してしまいそうなほど一瞬の、ワンシーン。夏目が相手役の山崎努の前で突然、体に巻いていたバスローブをハラリと落とすと、純白の柔乳が僕の眼前に現れたのです。そこでドラマは、終了‥‥。

 え!? ちょっと待って! 画面は暗いし、今、あそこで一瞬見えたものはいったい何だったんだ!?

 よし巻き戻し‥‥なんて当時のブラウン管テレビではできるわけがない。興奮と混乱を極めた状況に、いったいどれだけの視聴者が陥ったことでしょう。当時すでに人気だったあの夏目雅子が、突然脱ぐなんて、と。ストーリーは完全にぶっ飛びましたね。人気絶頂時の夏目のこのシーンは、当時、かなり話題になりましたね。

 前情報なく観て驚いたのが、村上龍原作・監督の「だいじょうぶマイ・フレンド」(83年、東宝)です。

 オープニングでいきなり、広田レオナ(54)がヌードでどっかり横たわっていました、画面いっぱい、ヌードです。映画館の大画面で観た人は、さらにショッキングだったんじゃないでしょうか。まるで海外のピンナップのような日本人離れした広田のヴィーナスボディは、迫力満点でした。

 広田といえば再ブレイクが話題になっていますが、同様に石田ゆり子(47)も、アラフィフ再ブレイク女優の一人と言えます。僕は彼女の大ファンなんですが、「不機嫌な果実」(97年、TBS系)はすごかった。

 本人が避けていたのか、これまでの出演作にラブシーンらしいラブシーンって少ないんですよね。でも、事務所としては女性らしさで売りたかったのか、満を持してのこのドラマの石田の役どころは、結婚生活に不満を持ち、不倫へ走る30歳人妻。

 各話のタイトルが「人妻のいけない唇」や「背徳のおしおき」「恥ずかしい肉」など、性を想起させるものになっていて、毎回、際どいシーンの連続。美しい背中のセミヌードや濃厚な濡れ場など、石田がこんなことをするなんて、これが最初で最後でしょうね。

 今でこそ小悪魔イメージが定着しましたが、当時はド清純派真ッただ中だった斉藤由貴(51)も、「同窓会」(93年、日本テレビ系)で“まさか”を連発してしまいました。

 例えば、毛じらみに感染したことで、片脚を上げて股間をかくシーンや、夜の公園で行きずりの男と対面立位でファックするシーンなど、かなり際どかったですね。

 当時は清純派で、キスはおろか性行為を思わせる仕事は一切していないはずです。それがまさか、こんなことをするなんて、と。

 映画史上、最も“まさか”な演出をするのが大林宣彦監督です。「転校生」(82年、松竹)では、小林聡美(52)を“この役者は女の子ですよ”と確認させるかのような脱がせ方を。

「野ゆき山ゆき海べゆき」(86年、ATG)では鷲尾いさ子(50)が、入浴シーンなのになぜか上半身はつからず、おっぱいが湯からまる出しに。

「なごり雪」(02年、大映)では宝生舞(40)が突然、着替えています。とにかく強引なんです。

 通常の作品では、濡れ場やヌードが始まりそうな予兆があるじゃないですか。徐々に脱いでいく、などの。大林作品にはそれがないんです。

「脱ぐようなシーンじゃないのに、今!?」と驚くのが定番となっています。

 最後に、意外すぎて見たくなかったのが、室井滋(56)の本格ロマンポルノ作品「女囚 檻」(83年、日活)。美人女優と一緒に、個性派女優の室井もバリバリにアエぎまくり。「おまえは脱がんでいい!」と突っ込みたくなりましたね(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
2
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
3
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」
4
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!