芸能

「コード・ブルー」映画化に「もはや爆死の臭いしかしない」と悪評プンプン!

 9月18日に月9ドラマ「コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~ 3rd season」(フジテレビ系)の最終回が放送され、シリーズ最高視聴率の16.4%で有終の美を飾った。最後には「映画化決定」の文字も映しだされ、来年に映画版が上映されることも決まった。

 その劇場版「コード・ブルー」にはファンから喝采があがっているものの、中には「もはや爆死の臭いしかしない」という否定的な声も少なくないという。だが、フジテレビ制作の映画には「踊る大捜査線」のような大ヒット作もあり、昨年公開の「信長協奏曲」も興行収入46億円のヒットを記録。その流れで言えば「コード・ブルー」にも期待が持てそうだが、映画ライターはこんな見立てを披露する。

「これまでの映画化作品とは異なり『コード・ブルー』にはヒットの条件が欠けています。特に気になるのが、本作の配役が山下智久のワントップ体制となっていること。『踊る大捜査線 THE MOVIE』では主役の織田裕二を差し置いて、いかりや長介が日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞を受賞。『信長協奏曲』でも主演の小栗旬を山田孝之や古田新太といった演技派が支えましたが、この『コード・ブルー』にはそういうポジションの俳優がいないのです」

 ドラマの配役を見るとそのポジションに近いのはドクターヘリを操縦するパイロット役の寺島進や、脳外科部長の杉本哲太といったところか。だが彼らに重要な役どころが与えられる可能性は考えづらく、あくまで山下の独壇場となりそうな気配だ。また制作陣のほうにも大きな不安要素があるという。

「このサードシーズンでは前2シリーズから脚本家を替えており、大きな批判が寄せられました。その女性脚本家は映画の実績に乏しく、唯一担当したのは永野芽郁と三浦翔平が出演する学園恋愛もの。これでは骨太の医療系映画の脚本を任せられるとは到底思えないのです」(前出・映画ライター)

 もちろん映画化に際しては脚本家を新たに据える可能性もあるが、現時点では情報は乏しく、ファンが疑心暗鬼に陥るのも当然だろう。果たして劇場版「コード・ブルー」は成功するのか。詳細が発表されるまでファンも落ち着かない日々を過ごすことになりそうだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!