スポーツ

松山英樹「参謀キャディーと決裂」の深刻トラブル(2)松山の異様な“隠密行動”

 マスコミ泣かせで知られる松山だが、「参謀」でもある進藤氏に対しても、その秘密主義が徹底していたというのだ。スポーツ紙記者も首をかしげる。

「昨年5月にはリオ五輪の代表スーツの採寸があったが、なぜか極秘帰国。日の丸を背負うことを決めたのであればニュースになるのにもかかわらず、マネージメント会社からはマスコミに対して、『帰国報道をしないでくれ』と異例の通達でした。松山が隠密行動となれば、進藤キャディーにだってよけいな気遣いが生じるのも無理はない」

 松山の“隠し事”は、それだけではない。記者が続ける。

「昨年11月に行われた地域別対抗戦『ワールドカップ』の指名騒動。パートナー指名権を有する松山が『最初に石川遼に声をかけた』という旨の一部報道があったが、実は水面下で大学の先輩の岩田寛、谷原秀人、そして池田勇太の順だった。あるOBが池田の賞金王を祝福した席で『(W杯を)断って(国内ツアーに専念して)よかったな』と明かしてしまったことで、石川が4番目だったことが発覚した。松山流の石川への気遣いだったようだが、進藤キャディーも東北福祉大OBだけに裏事情が筒抜けで気まずい思いをしていたはずです」

 さらにはゴルフ界ではご法度の契約メーカー以外のクラブ使用も、神経を遣う出来事の一つだという。スポーツライターが話す。

「ドライバーの他社のエンブレムを黒く塗り潰していることは、周知の事実。松山は契約に触れることはないので公表していないが、進藤キャディーは受け渡しの時に注意を払っている。テレビ中継されていれば、より慎重になる」

 もはや松山の“オレ流”気ままぶりはエスカレートするばかり。

「彼は試合日以外の起床時間を決めないタイプで、時には10時間以上も寝ている。そのため練習日の取材であれば、マスコミは朝から現場入りしてずっと待機することもある。米国のメディアが称賛する試合後の居残り練習時間も、その日の気分しだいだけに、進藤キャディーにも負担がかかります。これが国内であれば現地解散できるので問題ないですが、生活を共にしている以上、そうもいきません(苦笑)」(スポーツライター)

 今後の「チーム松山」について、冒頭のディレクターはこう見ている。

「松山が大ちゃんを引き留めると思いますが、過去の助っ人キャディーと連絡を取っているという話も聞こえてきます。オフの話し合いしだいで、『新チーム松山』結成もありうる」

 ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏も苦言を呈する。

「来季のメジャー制覇に進藤キャディーは欠かせない存在です。『松山の活躍の裏に進藤あり』と、誰もが思ってますよ。それだけにメジャー4戦だけでも、進藤キャディーがスポット参戦してほしい。同じ舞台で行われるオーガスタであれば過去の経験がものをいうし、初会場のメジャー戦でも、彼の情報収集力や松山の戦い方を熟知したキャディーぶりがここ一番で力になるはずです」

 松山のベストパートナーの去就が、今後の松山自身の選手生活を左右することになりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…