スポーツ

松山英樹「参謀キャディーと決裂」の深刻トラブル(2)松山の異様な“隠密行動”

 マスコミ泣かせで知られる松山だが、「参謀」でもある進藤氏に対しても、その秘密主義が徹底していたというのだ。スポーツ紙記者も首をかしげる。

「昨年5月にはリオ五輪の代表スーツの採寸があったが、なぜか極秘帰国。日の丸を背負うことを決めたのであればニュースになるのにもかかわらず、マネージメント会社からはマスコミに対して、『帰国報道をしないでくれ』と異例の通達でした。松山が隠密行動となれば、進藤キャディーにだってよけいな気遣いが生じるのも無理はない」

 松山の“隠し事”は、それだけではない。記者が続ける。

「昨年11月に行われた地域別対抗戦『ワールドカップ』の指名騒動。パートナー指名権を有する松山が『最初に石川遼に声をかけた』という旨の一部報道があったが、実は水面下で大学の先輩の岩田寛、谷原秀人、そして池田勇太の順だった。あるOBが池田の賞金王を祝福した席で『(W杯を)断って(国内ツアーに専念して)よかったな』と明かしてしまったことで、石川が4番目だったことが発覚した。松山流の石川への気遣いだったようだが、進藤キャディーも東北福祉大OBだけに裏事情が筒抜けで気まずい思いをしていたはずです」

 さらにはゴルフ界ではご法度の契約メーカー以外のクラブ使用も、神経を遣う出来事の一つだという。スポーツライターが話す。

「ドライバーの他社のエンブレムを黒く塗り潰していることは、周知の事実。松山は契約に触れることはないので公表していないが、進藤キャディーは受け渡しの時に注意を払っている。テレビ中継されていれば、より慎重になる」

 もはや松山の“オレ流”気ままぶりはエスカレートするばかり。

「彼は試合日以外の起床時間を決めないタイプで、時には10時間以上も寝ている。そのため練習日の取材であれば、マスコミは朝から現場入りしてずっと待機することもある。米国のメディアが称賛する試合後の居残り練習時間も、その日の気分しだいだけに、進藤キャディーにも負担がかかります。これが国内であれば現地解散できるので問題ないですが、生活を共にしている以上、そうもいきません(苦笑)」(スポーツライター)

 今後の「チーム松山」について、冒頭のディレクターはこう見ている。

「松山が大ちゃんを引き留めると思いますが、過去の助っ人キャディーと連絡を取っているという話も聞こえてきます。オフの話し合いしだいで、『新チーム松山』結成もありうる」

 ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏も苦言を呈する。

「来季のメジャー制覇に進藤キャディーは欠かせない存在です。『松山の活躍の裏に進藤あり』と、誰もが思ってますよ。それだけにメジャー4戦だけでも、進藤キャディーがスポット参戦してほしい。同じ舞台で行われるオーガスタであれば過去の経験がものをいうし、初会場のメジャー戦でも、彼の情報収集力や松山の戦い方を熟知したキャディーぶりがここ一番で力になるはずです」

 松山のベストパートナーの去就が、今後の松山自身の選手生活を左右することになりそうだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!