エンタメ

「水戸黄門は全国行脚してない」「一休さんの不貞愛」歴史的著名人の意外素顔!

 10月からBS-TBSで6年ぶりに復活する「水戸黄門」。黄門様を武田鉄矢、風車の弥七を津田寛治が演じ、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北の太平洋沿岸部が舞台の中心となることもあり、時代劇ファンの期待が寄せられている。

 そんなムードに水を差すつもりはないが、「先の副将軍水戸光圀公にあらせられるぞ」というのは「嘘っぱち」なのである。格さんが印籠を振りかざすドラマの名場面ではあるが、実は「副将軍」という役職は当時、存在しなかったのだ。諸国漫遊伝説は明治20~30年に成立した「水戸黄門漫遊記」をもとにした創作。実際に全国を飛び回ったのは、助さんのモデルとなった佐々宗淳(別名:佐々介三郎/さっさ・すけさぶろう)だった。光圀のもとで「大日本史」(光圀死後も水戸藩の事業として200年以上継続し、明治時代に完成した日本の歴史書)の編纂に携わり全国各地を資料集めに奔走したという。

 ちなみにアニメ「一休さん」の効果で「トンチの小坊主」といったイメージの強い「一休宗純」も実際は、それとはかけ離れたキャラクターの持ち主だった。

 一休のトンチ話が書物にまとまったのは死後200年経った「一休咄」(寛文8年/1668年)が最初で、史実としての確証はない。実際には、とんでもない破戒僧だったと伝えられているのだ。

 酒屋へ入り浸り、禁忌とされる肉を食らい、遊郭にも通っていたという。さらに77歳の頃からは森侍者という盲目の女性と不貞関係となり、愛欲生活を賛美する詩を残している。

 ともあれ歴史というものは、どのみち脚色されていくもの。武田黄門様なら、みずから印籠を振りかざし、一説ぶって悪人退治、なんていうのがあってもおかしくなさそうだが……。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”