エンタメ

「水戸黄門は全国行脚してない」「一休さんの不貞愛」歴史的著名人の意外素顔!

 10月からBS-TBSで6年ぶりに復活する「水戸黄門」。黄門様を武田鉄矢、風車の弥七を津田寛治が演じ、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北の太平洋沿岸部が舞台の中心となることもあり、時代劇ファンの期待が寄せられている。

 そんなムードに水を差すつもりはないが、「先の副将軍水戸光圀公にあらせられるぞ」というのは「嘘っぱち」なのである。格さんが印籠を振りかざすドラマの名場面ではあるが、実は「副将軍」という役職は当時、存在しなかったのだ。諸国漫遊伝説は明治20~30年に成立した「水戸黄門漫遊記」をもとにした創作。実際に全国を飛び回ったのは、助さんのモデルとなった佐々宗淳(別名:佐々介三郎/さっさ・すけさぶろう)だった。光圀のもとで「大日本史」(光圀死後も水戸藩の事業として200年以上継続し、明治時代に完成した日本の歴史書)の編纂に携わり全国各地を資料集めに奔走したという。

 ちなみにアニメ「一休さん」の効果で「トンチの小坊主」といったイメージの強い「一休宗純」も実際は、それとはかけ離れたキャラクターの持ち主だった。

 一休のトンチ話が書物にまとまったのは死後200年経った「一休咄」(寛文8年/1668年)が最初で、史実としての確証はない。実際には、とんでもない破戒僧だったと伝えられているのだ。

 酒屋へ入り浸り、禁忌とされる肉を食らい、遊郭にも通っていたという。さらに77歳の頃からは森侍者という盲目の女性と不貞関係となり、愛欲生活を賛美する詩を残している。

 ともあれ歴史というものは、どのみち脚色されていくもの。武田黄門様なら、みずから印籠を振りかざし、一説ぶって悪人退治、なんていうのがあってもおかしくなさそうだが……。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
カラテカ入江の闇営業より悪質!?ファンを食い物にする「ダフ屋芸人」がいた!
2
芸能美女の“生娘卒業”(7)加藤綾子、“早過ぎた初体験”が婚期遅らせた!?
3
芸能美女の“生娘卒業”(5)経験人数“2人”説で絞られる上戸彩の初体験
4
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
5
小島瑠璃子、オーバーオール姿が“素肌にエプロン”状態で男たちが歓喜!