芸能

木下優樹菜、安室引退に号泣する動画投稿に「アムラー失格」の声!

 泣きたい気持ちもわかるけど、これはいったい何のアピール!?

 9月20日、安室奈美恵が来年9月16日をもって引退することを発表した。

 92年の9月16日にデビューした安室は、先日デビュー25周年を迎えたばかり。96年には安室のファッションを真似た女性たちが増え、その呼称である「アムラー」という言葉が同年の「新語・流行語大賞」のトップテン入賞も果たすなど女性人気も絶大な安室だけに、多くのファンがショックのあまり言葉を失ったようだ。

 イモトアヤコも18日放送の「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(TBSラジオ)で、「イモトプレゼンツ祝デビュー25周年安室奈美恵特集!」と題して、みずから安室の楽曲をチョイスして放送した直後だっただけに、悲報を知り、21日にインスタグラムを更新。イモトは「正直あんまりにもびっくりしてなかなか実感がわきません」と、率直な気持ちを吐露。が、文章全体を見るとあえて悲しい気持ちを抑えて、「1年後の9/16まで全身全霊かけてアーティスト安室奈美恵さんを応援したいです」「安室ちゃんは何があろうとこの先もずっとわたしにとってのHeroなのです」と、あくまで安室の決断を後押しするような内容だった。このイモトの投稿には多くの安室ファンはもちろん、安室ファン以外の層も好感を抱いたようだ。が、その一方で安室愛が強すぎる? が故に空回りした投稿をして叩かれているアムラーもいた。

「今月の沖縄ライブにも2泊3日で駆けつけた木下優樹菜ですね。木下は過去のイベントにもアムラーファッションで出演したこともあったほどの熱烈なアムラーですが、安室の引退を知り、20日にインスタグラムに投稿した動画の内容が安室の『White Light』を流しながら、ひたすら木下が号泣するというものなんです。それだけ木下が引退を悲しんでいることは伝わってきましたが、なぜわざわざこんな動画を投稿したかを執拗にツッコまれています。インパクトがある投稿をしたい気持ちもわかりますが、動画も加工が施されていることもあって、安室がビジネスに利用されただけでは? といった辛辣な意見も見られているほどです」(エンタメ誌ライター)

 具体的には「よくこんな堂々と泣き顔を晒せるな」「インスタの閲覧数伸ばしたいだけだろ」「イモトの方が100倍好感持てるな」「アムラーの恥だな」と、まさにサンドバッグ状態。

 これだけ泣けるということで、安室への愛の強さを証明したかったのかもしれないが、今回は完全に逆効果となってしまったようだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化