スポーツ

独占ボヤキまくり60分!野村克也「緒方はまだ名監督ではない」(3)大谷の活躍は制球力がカギ

 現役時代、「捕手とは?」ということを考え続けてきた野村氏。監督になってからも捕手育成をチーム作りの柱にしてきた。

 1990年、私がヤクルト監督に就任した時、古田敦也(現解説者)が入団してきました。社会人出身とはいえ、新人捕手を即1軍では使えません。古田にも「最低1カ月は勉強せい」「試合中、ブルペンなんかに行かんでいいから、俺のそばにおれ」「俺のつぶやきを聞いていろ」と申し渡しておきました。ところが、開幕早々、当時の正捕手だった秦真司(現巨人3軍コーチ)のリードに、私はどうしても我慢がならなくなったんです。

 開幕の巨人戦のことでした。ある打席、カウント3ボール0ストライクになったところで、彼は投手にカーブを要求した。結果から言うと、そのカーブはボール球となり、これを見送った打者はあっさり四球で出塁した。

 少し野球を知っている人なら、この場面で打者は100%打ってこないと考えるはず。それなら配球は、カウントを取るための直球でいい。そこで何故カーブを投げさせるのか。私には理解できず、ベンチに戻ってきた秦に問いただした。すると返ってきた答えは「打ってくると思いました」。ヤクルトのレベルの低さを痛感しました。彼はすでに入団6年目でしたが、打撃がいいというだけで正捕手に起用されてきたのでしょう。しかし、捕手がこのレベルでは優勝などおぼつかない。私は秦を外野にコンバートし、古田の捕手起用を決断しました。その秦が、巨人ではコーチとしてバッテリーを担当しているわけでしょう。老婆心ながら、巨人の捕手育成が心配になりますね。

 捕手の育成には時間がかかります。それと、再び手前味噌になりますが、頭の回転がよくないと務まらない。学校の成績と野球頭脳は関係ないようで、実はあるものです。前出の古田は、中学・高校時代に成績優秀だったと聞いています。

 そこで、楽天監督時代、捕手4人の中学時代の通信簿を調べたところ、現在も正捕手として活躍している嶋基宏がオール5でした。「お前、10段階評価の5なのか」と聞いたら「5段階評価の5です」と言う。勉強はできるし頭もいい。それで、嶋を正捕手に据えました。

 今秋のドラフトで上位指名が有力な中村奨成(広陵高)の成績は知らないけど、甲子園での試合を見たかぎりでは、いい捕手になれる素質はあると思います。問題なのは本人のリードに対する意識と、彼を伸ばせる球団、すなわち捕手の大切さをわかっている監督・コーチがいる球団に入れるかでしょうね。

 中村同様、プロ入りを表明した清宮幸太郎(早稲田実業)についても、野村氏はエールを送る。

 打撃がうまいとか、いい投球をするとかは、はっきり言って二の次。打球の飛距離、肩の強さ、足の速さという天性は、教えて向上するものではない。逆に言えば、天性を持っている子を鍛えれば、何とかなる。清宮の遠くへ飛ばす能力は天性のもの。この資質だけは、どんな名コーチも与えることはできない。ただ、プロの投手は高校と違って徹底的にインコースを攻めてくる。そこが克服できるかどうか。

 ただ、いずれにしても将来プロになる気があるのなら、早く入ったほうがいい。大学にもいい指導者はいると思いますが、18歳から22歳というのは基礎を作るのにいちばん大事な時期。その時期にしっかりした指導を受けられるかどうかは大きい。プロは基礎、基本、応用という段階を踏んで指導する。これに対し大学は、どうしても目先の結果を追いがちになってしまうところがありますからね。

 今オフはドラフト以外にも、日本ハム・大谷翔平のメジャー移籍、複数球団の監督交代などが注目されている。野村氏の古巣・ヤクルトも、すでに真中満監督の辞任が決定しており、後任人事が気になるところだ。

 大谷の登場はまさしく革命だったと言えるでしょう。投手としても打者としても掛け値なしの天才です。メジャーでは投手として起用されるのでしょうが、ひと言アドバイスするとすれば制球に気をつけることです。150キロのド真ん中より、130キロの外角低めのほうが打者を打ち取れます。高めの直球で三振を狙うという考えに固執しなければ、現在のメジャーのレベルから考えても、十分通用するでしょう。

 ヤクルトは、OBで監督の器を備えているのは宮本慎也(現解説者)だけでしょう。内野手出身だけに、考える野球も身についている。宮本監督なら私も見てみたいが、彼は私と同じで処世術が下手(笑)。今の野球界の監督人事は、能力より処世術が優先される傾向がある。宮本が監督になるようなら、野球界もまだまだ捨てたものではないということになりますが、はたしてどうなりますかね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場