芸能

西村京太郎「トラベルミステリー最新作」放送後に鉄道ファンから悲鳴!

 高橋英樹が主役の十津川警部を演じる人気ドラマシリーズ「西村京太郎トラベルミステリー」(テレビ朝日系)の最新作「山形・陸羽西線に消えた女」が9月20日に放送され、視聴率が9.5%だったことが明らかになった。

 同ドラマは2017年4月に終了した「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日系)の看板シリーズとして高い人気を得てきた。時刻表トリックや列車運用を用いた謎解きが特徴で、すでに67作品が放送されている。

「安定した人気で12%前後の視聴率を取っていました。最低でも2ケタをキープしています。ところが、今作は9.5と大幅に低下。視聴率が悪いと次回作が製作されない可能性があるので、鉄道ファンから悲鳴が上がっています」(テレビ誌ライター)

 今作は一冊のスケッチブックを中心に3つの殺人事件が発生するというストーリー。出羽三山を舞台に旅情あふれる内容で、作品自体は決して悪くないどころか、今まで以上の出来栄えとの評判だ。それなのに視聴率がよくなかったため、関係者は頭を抱えているという。

「問題は告知不足でしょう。西村京太郎トラベルミステリーはこれまで『土曜ワイド劇場』の枠で放送されてきました。土ワイが終了してから、人気シリーズの多くは日曜ワイドに移行しています。沢口靖子が主演で、やはり西村京太郎原作の『鉄道捜査官』は6月11日の日曜ワイドで放送されました。ところが今回は日ワイではなく、水曜日の『ミステリースペシャル』枠で放送された。告知も少なく、不意打ち同然。放送されたことを知らなかった十津川ファンも多かったようです」(前出・テレビ誌ライター)

 問題は告知不足。それなら次回作を期待してもよさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」