芸能

「水曜日のダウンタウン」ディレクター逮捕であのヒット企画が消滅危機?

「顔も名前も知らない。どうやら事件を聞くと男なんやね」

 10月1日、ダウンタウンの松本人志がMCを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、こう言及したのは、9月28日発売の「週刊文春」でその逮捕が報じられた、人気バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)のディレクターについて。このディレクターはスマホアプリで知り合った女子中学生2人に現金を支払い、不適切な行為を行い、9月6日に逮捕されていた。

「このディレクターはこれまで『クイズ☆タレント名鑑』や『有吉弘行のドッ喜利王』など、同局の有名番組を担当。それらの番組を演出していた敏腕プロデューサーの右腕的存在だったと言われています。そのほかにも『マツコの知らない世界』(TBS系)で演出を務め、その手腕は業界で認められていたようです」(テレビ誌記者)

 それだけに今後同ディレクターが「水曜日のダウンタウン」の制作から抜けることで、番組のクオリティが下がるのではないかと懸念されているという。

「これまで視聴率1ケタ続きで低迷していた『水曜日のダウンタウン』ですが、最近は安田大サーカス・クロちゃんへの過激なドッキリ企画が大ヒット。8月23日の放送では視聴率が10%を超え、SNSでも大きな話題となりました。ところが『週刊文春』によると、ディレクターはそのクロちゃん企画をはじめ、芸人にイタズラを仕掛ける企画を担当しており、今後は彼が得意とする芸人を追い込む系の企画が減っていく可能性があるんです」(前出・テレビ誌記者)

 もっとも、前述の1日の「ワイドナショー」で松本は、このディレクターについては「あの番組、ディレクターもいっぱいいてボクは本当にわからない」と、大勢のうちの1人だと強調し「これがきっかけで番組が終わることは100%ない」と断言。最後は「浜田のアレさえバレなければ」と、ギャグにしていたが、冠番組の不祥事の“火消し”を図っている印象はぬぐえなかった。

 今回のスクープが明らかになった当日の「水曜日の──」の放送では、芸人が窃盗で逮捕された後に死刑宣告を受けるというタイムリーすぎるドッキリを放送。この構成は、現場で一緒にやってきたスタッフからの痛烈なメッセージのようにも感じてしまうのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
「バス旅」太川陽介を唸らせる河合郁人の活躍で川崎麻世に不要論!
5
浅田舞“Eカップ”くっきり“宅トレ”番組が朝から際ど過ぎた!