芸能

芸能界「やりすぎ事件」のタブー真相(7)米国人の無名俳優に暴露された松田聖子は…

 中身のゲスさで負けてないのが、ダン池田の「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」(はまの出版)だ。

「この本はアイドルなどを食い荒らす業界人を許せないと糾弾する本なのですが、一方で自分もアイドル志願者を食うエピソードを得意げに出しているところがスゴイ。しかも、描写も『今日はメンスだ』などかなり下品なんです。さらに後ろからアイドルの一糸まとわぬ姿を想像し、今日はあのマネージャーとヤッタに違いないなど妄想が激しい。根底に歌が下手なヤツが俺よりカネをもらっている、俺があまり食えないのが腹立たしい、というジェラシーを隠していないところが、むしろ潔くて読後感がいいのです」

 反対に、愛人から濃厚ベッドシーンを暴露されてしまったのが松田聖子(55)。米国人の無名俳優ジェフ・ニコルズの「真実の愛」(ラインブックス)では、松田聖子の直筆ラブレター、2人のベッド写真が公開された。ママドルとして人気を博していた聖子の全米進出成功に水を差す下半身スキャンダルとなった。

「本人の知名度がない人の暴露本は売名的でいただけないですね。それよりもむしろ大御所がなぜこんなものを書くのかと驚いたのが『村田英雄の女ごよみ 男は女でつくられる』(近代映画社)です。この本はまるごと1冊、女性体験だけについて書かれた本です。初体験から始まり、村田英雄が自分とやった女についてだけ書いてあります。しかも、本を出したのが亡くなる直前というタイミングなのも驚きでした」

 辞世の句に女遍歴をさらけ出すとは、さすが男・村田!

 逆に女遍歴を妻・山下典子から「仮面夫婦 私が夫と別れる理由」(祥伝社)で暴露されてしまったのが、ジェームス三木。三木が記した浮気ノート「春の歩み」では、相手女性の見かけがABC評価されたうえに、性器の具合が「毛深い」「臭った」などと克明に記録されていたことが明るみに。

「この分野では漫画家の佐藤まさあき著の『「堕靡泥の星」の遺書』(松文館)という、暴露本史に残る名著があります。同業者からファンまで片っ端から手を出し、さらには募集したアシスタントにまで手を出す。おまけに全て実名で写真付きという問題作です。最後にどうしても言っておきたかったのでしょう」

 冥土の土産にするよりも黒芸能史の遺産として遺すべき!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ジャニーズがブチギレた!?明石家さんまと中居正広が絶対共演NGの裏事情
2
闇に葬られた「放送禁止」作品(1)お蔵入りとなった佐々木希の“初夜シーン”
3
闇に葬られた「放送禁止」作品(2)草なぎ剛、キムタク、井ノ原快彦、堂本剛も巻き込まれて…
4
手越問題も影響?「NEWS ZERO」有働アナ就任で桐谷美玲ら大量降板か
5
石原さとみ、「高嶺の花」撮影時に山下智久との失恋を“思い出す”ワケ