スポーツ

2012プロ野球 優勝争い終了後の消化試合王

 優勝争いが熾烈になるほど、選手たちにのしかかるプレッシャーも大きい。そんな緊張感から解放されたとたんに本領発揮した消化試合王たちを一挙紹介!

 今年のペナントレースは、巨人が2位の中日に10ゲーム以上の差をつけて、2年ぶりにセ・リーグを制し、パ・リーグは日本ハムが3ゲーム差で2位の西武を振り切っての優勝という形で幕を閉じた。

 ここで取り上げる「消化試合王」は、優勝チームが決まった翌日から活躍した選手のことである。

 まず「打率部門」。セでは今シーズン3位に食い込んだヤクルト勢が上位を独占。3位の相川、2位の福地はリーグ通算打率2割5分前後であるにもかかわらず、消化試合ではまさかの4割超えである。

 さらにパでは、ペーニャが脅威の5割達成。もっと早くにこの成績なら、ソフトバンクの逆転優勝も可能だったかもしれない。

 続いては「打点部門」。セ1位には森野がランクイン。シーズン通算50打点のうち、9打点が消化試合中に打たれている、まさに消化試合王の名にふさわしい成績である。

 他にも阪神のマートンや鳥谷も注目だ。ダメ虎と呼ばれた今シーズンだったが、消化試合は絶好調で打点を荒稼ぎした。「ハナっから打たんかい!」。そんな地元の声が今にも聞こえてきそうである。

 ちなみにホームラン数は両リーグとも低レベルな次元で拮抗。セは最下位の横浜から井出正太郎、金城龍彦と2名が入り、バレンティン(ヤ)、平田良介(中)とともに4人が2本で同率1位となった。

 対するパのホームラン争いは9人が1本で並んだ。シーズン27本でホームラン王の中村剛也(西)がいれば、年間で4本しか放っていない鵜久森淳志(日)や聖澤諒(楽)もいた。

 だが、消化試合王に関して広澤氏はこう解説する。

「消化試合で大切なのは、相手の勝負が決まっているかどうか。そこを狙って、勝負しているチームもあるわけです。昔と違って今はクライマックスシリーズがありますから、本当の消化試合は優勝チームだけです。昔の消化試合のイメージとはまた違ってきていますからね」

 気の抜ける時期がなくなったプロ野球。消化試合王はあくまで参考記録で。

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
石田ゆり子が「ヘアー写真」を次々公開!注目は陽光に輝く「ふんわりバスト」
3
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ旅」奇跡の逆転劇裏で起きた“アクシデント”
4
みちょぱ、「歯が抜ける夢」告白で浮上した“自分慰め行為への感情”とは!?
5
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた