スポーツ

2012プロ野球 優勝争い終了後の消化試合王

 優勝争いが熾烈になるほど、選手たちにのしかかるプレッシャーも大きい。そんな緊張感から解放されたとたんに本領発揮した消化試合王たちを一挙紹介!

 今年のペナントレースは、巨人が2位の中日に10ゲーム以上の差をつけて、2年ぶりにセ・リーグを制し、パ・リーグは日本ハムが3ゲーム差で2位の西武を振り切っての優勝という形で幕を閉じた。

 ここで取り上げる「消化試合王」は、優勝チームが決まった翌日から活躍した選手のことである。

 まず「打率部門」。セでは今シーズン3位に食い込んだヤクルト勢が上位を独占。3位の相川、2位の福地はリーグ通算打率2割5分前後であるにもかかわらず、消化試合ではまさかの4割超えである。

 さらにパでは、ペーニャが脅威の5割達成。もっと早くにこの成績なら、ソフトバンクの逆転優勝も可能だったかもしれない。

 続いては「打点部門」。セ1位には森野がランクイン。シーズン通算50打点のうち、9打点が消化試合中に打たれている、まさに消化試合王の名にふさわしい成績である。

 他にも阪神のマートンや鳥谷も注目だ。ダメ虎と呼ばれた今シーズンだったが、消化試合は絶好調で打点を荒稼ぎした。「ハナっから打たんかい!」。そんな地元の声が今にも聞こえてきそうである。

 ちなみにホームラン数は両リーグとも低レベルな次元で拮抗。セは最下位の横浜から井出正太郎、金城龍彦と2名が入り、バレンティン(ヤ)、平田良介(中)とともに4人が2本で同率1位となった。

 対するパのホームラン争いは9人が1本で並んだ。シーズン27本でホームラン王の中村剛也(西)がいれば、年間で4本しか放っていない鵜久森淳志(日)や聖澤諒(楽)もいた。

 だが、消化試合王に関して広澤氏はこう解説する。

「消化試合で大切なのは、相手の勝負が決まっているかどうか。そこを狙って、勝負しているチームもあるわけです。昔と違って今はクライマックスシリーズがありますから、本当の消化試合は優勝チームだけです。昔の消化試合のイメージとはまた違ってきていますからね」

 気の抜ける時期がなくなったプロ野球。消化試合王はあくまで参考記録で。

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声