芸能

このハゲーッ、オフホワイト…「ドクターX」、今後の時事ネタ有力候補は?

 10月12日にスタートした人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の第5シーズン。初回の平均視聴率が20.9%という、今年放送された民放ドラマで1位となる好成績だったことがわかった。

 個性的なキャスト陣の活躍やお決まりの名台詞もさることながら、コミカルな時事ネタを盛り込むこともこのシリーズの特徴。初回も“患者ファースト”を掲げる女性院長、略奪不貞、ゲスの極み、忖度ができる“ソンタくん”などさっそく時事ネタが満載だ。

「今後も時事ネタはふんだんに盛り込むはずです。アドリブを効かせるという西田敏行は、衆院議員だった豊田真由子氏の『ち~が~う~だ~ろ~!』や『このハゲーッ』を使いそうですけどね。また、冒頭のナレーションで『白い巨塔の崩壊』という言葉が出てきますし、宮迫博之の『オフホワイト』は医療ドラマにあてはめやすいかもしれません。他には、今井絵理子参院議員が使った『一線は越えてない』も使えそうです。岸部一徳が請求書を出す時に『35億』はありそうです」(芸能ライター)

 昨年放送された第4シリーズでは、9月下旬にジャスティン・ビーバーが「お気に入り」と紹介して一気にブレイクしたピコ太郎の「PPAP」を、11月17日放送の第6話で早くもパロディにするという驚愕の機動力を見せたこのドラマ。今回も、この秋に流行するギャグやフレーズを手ぐすね引いて待ち構えているに違いない。

関連記事:“失敗しない女”米倉涼子が「一番の幸せ」問われて見せた「切実ホンネ」 http://www.asagei.com/excerpt/86031

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”