芸能

歌姫たちの「壮絶事件」61年(4)<歌謡界の重鎮>敏いとうオンステージ

 騒動を引き起こした歌姫たちの「素顔」を数多く知る歌謡界の重鎮、敏いとうが今だから明かす──。

 島倉千代子(享年75)はヘビが好きだったね。ペットでニシキヘビみたいな大きなやつを飼っていた。ヘビって脱皮して大きくなるでしょ? だから、再生とか無限という意味があって、昔から金運を生み出すと考えられてきたんだけど、その言い伝えはウソだよね。だって、彼女ぐらいカネに苦労した人はいないよ。

 あの占い師の細木数子がずっと彼女の“面倒”を見ていたんだよな。俺は島倉に借金について詳しいことは聞かなかったけど、ダマされやすいんだろう。

 いつだったか、東北の巡業先で「敏さん、抱いて!」と彼女に突然、言われたことがあった。ふだんは着物で隠れてるけど、ああ見えて、いい体してるんだよ。特にヒップがね。「明るい所でするのが好き!」なんて、冗談っぽく迫られたことがあったけど、あれはなんだったんだろう(笑)。それぐらい心も体も借金で疲れていたということだったのかもしれないな。

 借金といえばさ、石川さゆり(59)も、56億円の負債を抱えたパトロン男の連帯保証人になっていて、大きく背負わされたことがあったよな。

 あの男のほうは宮崎の金持ちで、石川はヒマさえあればわざわざ宮崎まで会いに行ってたね。男もうまく回ってて羽振りのいい時はバンバン金出してたから、彼女が忙しければ、宮崎から東京まで帰るのにヘリコプターをチャーターしてたんだからな。

 13年に飛び降り自殺した藤圭子(享年62)とも交流はあった。彼女はギャンブルに目がないんだ。依存症と言ってもいい。中でも麻雀が大好きだったね。もう時効だろうから言うけど、サシウマ(特定の一人との順位争い)で50万とか100万という、とんでもないレートで一晩中、賭けていた。しかも昔から彼女は、現金払いじゃないと怒って、いつでもまとまった現金を持っていたからね。晩年にニューヨークの空港で何千万も持ち歩いて没収されたニュースがあったけど、特に驚かなかったな。

 あと、ある筋から聞いた話だけど、日本でも韓国でもシャブで逮捕された桂銀淑(56)を最近、日本に呼ぼうとした社長がいたんだよ。でも、いろいろ手配したけど、結局、韓国の空港で止められたって。そりゃ、どっちの国でもシャブやってんだから、出国なんてできるわけないよな(笑)。

 えっ、ステージパパだった岩崎宏美(58)と岩崎良美(56)の親父さんはファミリー会社から追い出されて、二人を訴えて骨肉の争いだったって? ああ、そう‥‥。彼女らのお父さんは日大農獣医学部出身で俺の先輩なんだよ。でも最近、亡くなられた。先輩は二人を「自慢の娘」と話してたから、訴えるなんて相当なことだったんじゃないかな。悲しいね。いつの時代も騒がしいけど、みんな、いい歌持ってんだから、トラブルばかりじゃなくて幸せになってほしいよ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」