芸能

小池栄子、香港の街を駆け抜ける“バスト爆揺れドラマ”がスゴい!

 放送中の深夜ドラマ「恋する香港」(TBS系)で主演を務める小池栄子。8月にアイドルグループ「でんぱ組.inc」を電撃脱退した最上もがが、わがままなタレント・エリー役で出演するため、主演の小池より最上に注目が集まりがちだった。しかし、ドラマがスタートすると同時に視聴者の目は小池に釘付け。なぜなら小池が香港の街を「とにかく走る」からだ。

「まるで砂時計のようなメリハリボディがよくわかる赤いドレスを着た小池が、映画『銀魂』などで人気急上昇中の吉沢亮に手を引かれ、活気みなぎる香港の街を駆け抜けるシーンがとても長いんです。しかもスローモーションが多用されているため、小池の豊かなバストが上下左右に暴れるがごとく揺れる様子をじっくりと観察することができるんです。この“爆揺れ”シーンでは小池の心の声が流れるんですが、あまりに迫力のあるバストの揺れに目が行って集中してしまい、何を言っているのか頭に入りませんでした」(テレビ誌ライター)

 小池扮する地味なOLが、マッチングサイトに載せる自分の写真として、最上の写真を利用したことから人違いが生じる。その結果、小池が香港の街を走りまくることになるという設定だが、

「そんな理屈やドラマのストーリーなどどうでもよくなるほど、小池の走りには心をワシづかみにするパワーがあります。現在放送中のドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)では、綾瀬はるかが走るシーンが数多く盛り込まれていますが、小池の圧巻の走りに比べればまだまだ“ヒヨッコ”とすら思えます」(テレビ誌ライター)

 豊かなバストの女優が走るシーンが多用される傾向がある昨今のドラマだが、小池の走りを見ていると、どうかその傾向が一時のブームではなく、“定番”になってほしいと願いたくなる。

関連記事:小池栄子、「夫の借金」「前事務所と金銭トラブル」で脱ぎ度アップ? http://www.asagei.com/excerpt/87720

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
同棲報道、二宮和也と伊藤綾子が結婚前の“極秘出産計画”を進行中だって!?
3
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
4
浅田真央、「姉の舞に負けないほど胸が急成長」魅せつけた“ワンピの特徴”!
5
「恫喝騒動」木下優樹菜が指摘されたアノ女性タレントとのイタすぎ“雲泥の差”