芸能

小池栄子、香港の街を駆け抜ける“バスト爆揺れドラマ”がスゴい!

 放送中の深夜ドラマ「恋する香港」(TBS系)で主演を務める小池栄子。8月にアイドルグループ「でんぱ組.inc」を電撃脱退した最上もがが、わがままなタレント・エリー役で出演するため、主演の小池より最上に注目が集まりがちだった。しかし、ドラマがスタートすると同時に視聴者の目は小池に釘付け。なぜなら小池が香港の街を「とにかく走る」からだ。

「まるで砂時計のようなメリハリボディがよくわかる赤いドレスを着た小池が、映画『銀魂』などで人気急上昇中の吉沢亮に手を引かれ、活気みなぎる香港の街を駆け抜けるシーンがとても長いんです。しかもスローモーションが多用されているため、小池の豊かなバストが上下左右に暴れるがごとく揺れる様子をじっくりと観察することができるんです。この“爆揺れ”シーンでは小池の心の声が流れるんですが、あまりに迫力のあるバストの揺れに目が行って集中してしまい、何を言っているのか頭に入りませんでした」(テレビ誌ライター)

 小池扮する地味なOLが、マッチングサイトに載せる自分の写真として、最上の写真を利用したことから人違いが生じる。その結果、小池が香港の街を走りまくることになるという設定だが、

「そんな理屈やドラマのストーリーなどどうでもよくなるほど、小池の走りには心をワシづかみにするパワーがあります。現在放送中のドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)では、綾瀬はるかが走るシーンが数多く盛り込まれていますが、小池の圧巻の走りに比べればまだまだ“ヒヨッコ”とすら思えます」(テレビ誌ライター)

 豊かなバストの女優が走るシーンが多用される傾向がある昨今のドラマだが、小池の走りを見ていると、どうかその傾向が一時のブームではなく、“定番”になってほしいと願いたくなる。

関連記事:小池栄子、「夫の借金」「前事務所と金銭トラブル」で脱ぎ度アップ? http://www.asagei.com/excerpt/87720

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相