芸能

「結婚&妊娠7カ月」高部あい、薬物逮捕後に見せていた“母の意地”

 10月24日発売の「FLASH」で、15年10月に薬物所持の疑いで逮捕されたタレントの高部あいが、今年8月に都内の高級マンションで同棲していたことが報じられた、長身のイケメン弁護士と結婚し、妊娠7カ月のWおめでたであることが、報じられた。

「スニーカーをはいて眼鏡をかけている高部をFLASHが直撃取材。戸惑いながらも、笑顔を見せながら『ありがとうございます』を彼女が繰り返しコメントする記事からは、本当に今の幸せそうな様子が、伝わってきます。高部は薬物所持の疑いで逮捕され、使用も認めていましたが、所持量が微量で社会的制裁も受けたとして16年3月に起訴猶予処分になりました。しかし、逮捕報道直後に所属していた事務所が解雇を発表。実家で暮らす日々を送っていたようですが、知人の紹介でこの弁護士と知り合い、今後の人生について相談するうちに急接近となったようです」(芸能ライター)

 逮捕直後には、私生活の“派手な遊びっぷり”が報じられた。

「清純派のイメージだった高部だけに、ショッキングな醜聞に、彼女の“素顔”にまつわる様々な報道も乱れ飛びました。そうした記事の中には、『FLASH』の直撃に『ひどいことを書かれたり、“違うのに…”という記事もいっぱいありました』と語っているように、直接逮捕とは関係のない彼女の当時の男性関係について、伝聞の形でしたが、かなり踏み込んだ内容のものもありました。結果的に事実と違うことがわかった、そういった内容については、最近、高部みずからが、彼女を取材した報道関係者に強く否定していました」(前出・芸能ライター)

「FLASH」には、事実と異なる報道に対して「弁明したい気持ちもあります」としながらも、新しい家族との生活を優先させ「ただ、静かに暮らしたいと思っています」と語り、芸能界復帰についても「それはたぶん、しないと思います」と答えていた高部。引退状態でも注目が集まってしまう状況はしばらく続くかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン