社会

連載、ニッポン人が知らない世界のジョーシキ「中国」

カンカ そうそう、以前、中国で事件があったの。裏社会の人が携帯を落として、それを拾った人が携帯の画像をネットに公開しちゃったの。山積みのお金の前でふんぞり返って座っている姿だったり、人を殴ったりしているところだったり。そういう行為を写真に撮っちゃうのも怖いよね。

ヨフィ ネット流出はインドネシアにもあるよ。話題になったのは、日本でいうミスチルみたいな人気バンドのボーカルがいて、彼の携帯に入っていたセックス動画の流出。普通なら単なるスキャンダルなのに、なぜかボーカリストが逮捕されちゃったんだよね。

カンカ 何で? 自分で流出させたの?

ヨフィ 違う違う。流出した写真の中に、インドネシアの大金持ちの愛人とセックスしているのがあったらしくてさ。ここからは噂なんだけど、そのお金持ちが裁判官を買収して刑務所に入れるようにしむけたって話。彼は刑務所に3年間入って少し前に出て来たけど前より人気が上がったよ。

カンカ アハハハ。結果オーライじゃん! あとさ、裏社会といえば、日本のマフィアは、一般人には手を出さないって言うでしょ。

ヨフィ 日本はそのへんがキレイに分かれているよね。

カンカ 中国の組織は、気に食わなければ一般人だろうと殺しちゃうんだよね。人の命は同じなのに、安く感じちゃうのは悲しいんだよね。

ヨフィ あれだけ人口が多いからね。1人や2人、いなくなってもいいかなって思っちゃうんじゃない?

カンカ そうなの。もし私が失踪しても、家族しか関心を示さないんだよね。

ヨフィ 半年くらい前だっけ? 中国の市場で子供が車にひかれてって事件

カンカ そう。みんな事故を見て、子供が倒れてるのに何もしなかった。救急車を呼ぶでもなく、見て見ぬ振りして

ヨフィ 確かに命が安く感じちゃうかもなあ。

カンカ 中国人は自分以外に興味がないんだよね。中国で生き抜くには、自分の身は自分で守らないと。

ヨフィ でもさ、裏の組織って縁遠い存在だけど、何で裏社会の人だってバレちゃうんだろう? 自分から「裏社会の人間です」って言う人なんて、いないでしょう?

カンカ それは被害にあった人が広めるからだよ。中国の裏社会の人は、服装だけでは絶対に判断できないからね。みんなシャツにジーンズみたいな格好。しかもシャツはズボンに入っているからね(笑)。

ヨフィ 中国にだって、きっとダークスーツを着てる人はいるよ(笑)。ただ、そういう人は偉くなってるから一般人の前には現れないだけだって。

カンカ インドネシアはどうなの?

ヨフィ 格好はボロボロの情けない服(笑)。

カンカ やっぱり「アウトレイジ」みたいにビシッと決めるには、お金が必要ってことなのよ。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!