芸能

デヴィ夫人「2億円横領」被害でも同情されない理由!

 10月27日のブログで、タレントのデヴィ夫人が横領の被害にあったことを報告。スポーツ紙やテレビなど、マスコミ各社もこの事件を報じた。

 報道によると、デヴィ夫人が代表を務める芸能事務所の口座から現金を着服したとして、警視庁渋谷署は業務上横領の疑いで元経理担当の男性を逮捕。同容疑者は2011年2月に都内の会計事務所から派遣されており、13年末からは個人契約に切り替えて、週3日勤務。これまで300回ほど銀行口座から引き落とし、横領を繰り返していたと見られている。

 デヴィ夫人がマスコミに向けて配布した文書には、横領額は証拠不十分なものも含めて2億円以上に上ると記されていた。2億円という金額に対してデヴィ夫人は「お家が一軒買えたと思うと残念」と語ったという。

 とんだ災難だったが、ネットでは意外なところにツッコミが入った。

「2億あれば、買える家は一軒じゃないと思う」「780万円の中古の家を買えない人もなんぼでも居てますが…」「家が一軒買えたって発言がセレブだね。普通なら五軒くらい買えるだろうに」など、デヴィ夫人の金銭感覚に違和感を覚えるという趣旨の発言が目についた。

「東京など地価が高いエリアでは、庶民にとっては、マイホームはいまだに夢のまた夢です。ほとんどの一般市民は2億円という財を築くこともできなければ、数千万円の不動産を購入することですら簡単ではありません。横領されて気の毒ではありますが、デヴィ夫人の金銭感覚に呆れている人は少なくないでしょう」(テレビ誌ライター)

 セレブには、庶民の気持ちを忖度することはできないようだ。

(石田英明)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”