芸能

元「アイドリング!!!」大川藍&朝日奈央、友情巡り口論でW号泣の一部始終

 これはどう見ても、親友ではない!?

 元「アイドリング!!!」の大川藍と朝日奈央が10月27日放送のネット番組「必殺!バカリズム地獄」(AbemaTV)に出演。友情のもつれで、双方が号泣した。

 グループ卒業後も仲が良いという2人だが、先日3カ月ぶりに2人で遊ぶ機会があり、大川が朝日を自宅に招いた話を大川が披露。

 何でも大川としては久々の再会で、新しく飼い始めた猫を紹介した後、食べたり飲んだりして近況報告をするつもりだったのに、朝日は約2時間滞在ののちに帰宅し、ショックだったとのこと。さらに朝日が「アイドリング!!!」で仲の良かったメンバーらと遊びに行った際、大川だけ誘わなかったということについても言及。その理由について朝日は「マジで(その頃大川が)落ち込んでいたんですよ。そんな子を誘えるか!」と釈明。ただ、大川は「落ち込んでいたら、なおさら勇気づけようと普通は思うと思うんです」と、言い争いは過熱。やがて朝日は「藍は趣味が合わない」と、決定的な一言を放つ。すると、たちまち大川は大粒の涙を流し号泣し、そんな大川からもらい泣きして朝日も大泣きする展開に。以後、泣きながら言い争うもことごとく意見は食い違い続けた。

 この「ガチ泣き」の討論に、ネットでは「うわ~これ、絶対、仲が悪いヤツじゃん」「定番の女の上辺だけの友情だな」「多分、この2人は相性が悪いんだろうな」と、2人が本当に不仲だと確信する声が多数見られた。

「相手がメンタル的に弱っている時に遊びに誘うかどうかの判断は人それぞれでしょうが、2人の一連のやり取りを見て『仲がいい』は疑わしくなりましたね。大川は『(朝日が)3カ月ぶりぐらいにようやく会ってくれた』と話していましたが、そこまで超売れっ子というわけでもない朝日が、3カ月も予定が合わなかったとは正直疑問です。それ以外にも朝日が顔が大きいので、小顔の大川は「(今日は)奈央と一緒にいるからよけい(小さく見える)」と言えば、朝日は大川が可愛いこぶった関西弁を使うと指摘すると言う具合。バラエティ的には面白いですが、こうしたイジり合いで本気でイラ立ち不仲につながることも女性タレントにはありがちですから心配です。朝日が大川に『(番組など)何も知らないところでずっと(大川に)グチグチ言われてて、言い返したかった』と漏らしたのは、本当に真に迫っていて完全に黄信号ですよ。過去に『アイドリング!!!』の冠番組でMCを務めたバカリズムは2人のやり取りに終始困惑気味でしたね」(エンタメ誌ライター)

 今回はお互いに本音をさらけ出し、一応は番組的に仲直りをしたが、2人の間の誤解が解けたというよりは、さらに亀裂が入ったことは間違いなさそうだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること