芸能

「僕の足に鉄球が…」インパルス板倉が“事故連発”相方にグチりまくった

 世間的に見てもやはり可哀想な男!?

 インパルスの板倉俊之が10月29日に出演したイベントで、27日に相方の堤下敦が人身事故を起こしたことを謝罪した。

 イベントの冒頭で紹介された板倉は「このたびはお騒がせして、誠に申し訳ございませんでした」と頭を下げており、その後は堤下の件に触れずに立ち振る舞っていた。

 また、板倉は後日、今回の不祥事について改めて報道陣に対応する機会も設ける予定とのこと。

 堤下といえば、6月にも睡眠薬の影響で正常な運転ができない恐れがあったのに車を運転、道交法違反の疑いで9月に書類送検されたばかり。その際にも板倉はツイッターで謝罪しており、「怪我人が出なかったことが救いでした」とつづっていたが、今回は追突した車に乗車していた2人に軽傷を負わせてしまう結果となってしまった。

 また、堤下は15年に、ネット配信サービス「ツイキャス」を利用しての生配信を行い、女性視聴者に暴言を吐き、後日謝罪するというトラブルも起こしている。

 そのため、ここ最近の堤下の不祥事ラッシュに巻き込まれる板倉に対しては「板倉は何も悪くないのに…可哀想」「俺なら解散を選ぶな」「もう相方を代えた方がいいのでは」と、さすがに気の毒だという声がネット上で多数上がっている。

「板倉は9月に放送されたバラエティ番組『ゴッドタン』では、“腐ってる芸人”という括りで出演していましたが、『(お笑いは)お笑いという山を登っていく大会みたいに思ってたんですよ。でも、みんながスニーカーで登っていく中、気付いたら僕だけ鉄球が付いてて…』と、相方・堤下を足かせに例えるなど、現状を嘆いていましたね。また、自身が堤下のイジリ芸を生み出した立場なのに、バラエティ番組で堤下だけがイジられ役として呼ばれていた現状にも不満はあったようだが、いずれそれがコンビとしての活躍につながれば、長い目としてみたら、それはそれでよかったと説明していたが、結局は『あいつはその前に自爆を繰り返して…』と、しみじみ。またもや自爆してしまったわけですから、もうこれ以上は笑いに変えるのも大変になってくるでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 今回の追い打ちの不祥事で板倉がさらに腐ってしまうのは目に見えているが、これ以上腐りが進行しないためにも解散という判断も視野に入れた方がいいのでは?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測