芸能

「僕の足に鉄球が…」インパルス板倉が“事故連発”相方にグチりまくった

 世間的に見てもやはり可哀想な男!?

 インパルスの板倉俊之が10月29日に出演したイベントで、27日に相方の堤下敦が人身事故を起こしたことを謝罪した。

 イベントの冒頭で紹介された板倉は「このたびはお騒がせして、誠に申し訳ございませんでした」と頭を下げており、その後は堤下の件に触れずに立ち振る舞っていた。

 また、板倉は後日、今回の不祥事について改めて報道陣に対応する機会も設ける予定とのこと。

 堤下といえば、6月にも睡眠薬の影響で正常な運転ができない恐れがあったのに車を運転、道交法違反の疑いで9月に書類送検されたばかり。その際にも板倉はツイッターで謝罪しており、「怪我人が出なかったことが救いでした」とつづっていたが、今回は追突した車に乗車していた2人に軽傷を負わせてしまう結果となってしまった。

 また、堤下は15年に、ネット配信サービス「ツイキャス」を利用しての生配信を行い、女性視聴者に暴言を吐き、後日謝罪するというトラブルも起こしている。

 そのため、ここ最近の堤下の不祥事ラッシュに巻き込まれる板倉に対しては「板倉は何も悪くないのに…可哀想」「俺なら解散を選ぶな」「もう相方を代えた方がいいのでは」と、さすがに気の毒だという声がネット上で多数上がっている。

「板倉は9月に放送されたバラエティ番組『ゴッドタン』では、“腐ってる芸人”という括りで出演していましたが、『(お笑いは)お笑いという山を登っていく大会みたいに思ってたんですよ。でも、みんながスニーカーで登っていく中、気付いたら僕だけ鉄球が付いてて…』と、相方・堤下を足かせに例えるなど、現状を嘆いていましたね。また、自身が堤下のイジリ芸を生み出した立場なのに、バラエティ番組で堤下だけがイジられ役として呼ばれていた現状にも不満はあったようだが、いずれそれがコンビとしての活躍につながれば、長い目としてみたら、それはそれでよかったと説明していたが、結局は『あいつはその前に自爆を繰り返して…』と、しみじみ。またもや自爆してしまったわけですから、もうこれ以上は笑いに変えるのも大変になってくるでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 今回の追い打ちの不祥事で板倉がさらに腐ってしまうのは目に見えているが、これ以上腐りが進行しないためにも解散という判断も視野に入れた方がいいのでは?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声