女子アナ

エース・水ト麻美投入でも「スッキリ」が羽鳥慎一に勝てない“誤算”

 10月から朝のワイドショー「スッキリ」(日本テレビ系)に、同局のエースアナの水ト麻美アナが新加入。極楽とんぼ・加藤浩次、ハリセンボン・近藤春菜という芸人コンビに加え、3人MCとして始動した。

 さる10月30日の同局の定例会見では、大久保好男社長が、彼女が新たにMC加入した「スッキリ」について触れ、「期待通りの結果を出してくれていると思っています」と高く評価していたが、果たして本当なのだろうか?

「社長の言っていることは半分当たっていて、半分外れてます(笑)。というのも、この10月の第一部(朝8時~9時30分)の平均視聴率は7,0%を記録したという発表がありましたが、確かに20日までは7%、時には8%を超える日(16日には8,8%)もあったのです。しかし24日の6,6%を皮切りに、25日が5,3%、26日が5,8%、27日が5,3%と、前月までの5%台に逆戻り。つまり平均視聴率が高かったのは月の前半に稼いだ“お釣り”だったんです」(芸能ライター)

 対して現在トップを走る「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)はどうだろう。24日は8,3%、25日は8,4%、26日は9,1%、27日は7,9%と独走。つまり「スッキリ」はリニューアル後もなかなか羽鳥慎一キャスターに勝てていないのである。

「最初は『ヒルナンデス!』から移った水トちゃん見たさにチャンネルを合わせた人も、確かに彼女は出てはいるものの、思ったほど番組自体は変わり映えのしない内容だということに気づいたようです」(制作会社デスク)

 番組のイメージダウンを恐れ、大胆な発言で物議を醸すこともあったテリー伊藤氏や、利益供与問題で批判された上重聡アナと立て続けに出演者を追放してきた「スッキリ」。だが、好感度No.1アナを入れても、立て直しはいまだ道半ばのようだ。

(魚住新司)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱