芸能

嵐の5人それぞれが明かした「自分の軍団」候補でわかった意外な交友関係!

 11月2日放送の「VS嵐」(フジテレビ系)で嵐の5人は、ヒロミ率いるアンジャッシュ・児嶋一哉やスピードワゴン小沢一敬らプライベートでも仲のいい面々が集結した「ヒロミ軍団」とさまざまなゲームで対戦した。その流れでMCのフジテレビアナが嵐に「もしも自分の『軍団』を作るとしたら誰を選びますか?」と質問する一幕があった。

 まず、二宮和也は、嵐チームにゲスト参加した関西ジャニーズJr.の西畑大吾を見ながら、「私はもう西畑いますから」とキッパリ。

「西畑はデビュー当時から二宮大好きを公言してきただけに、二宮の覚えめでたく、自身が出演するCMや11月3日公開の二宮主演映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』でも共演するなど交流を深めている。ケチで知られる二宮は西畑に2月にお年玉をわざわざ手渡したそうで、相当のお気に入りのようですね」(ジャニーズウオッチャー)

 次に口を開いたのは、松本潤。「オレ、何か好きなんすよ」と指名したのが、関ジャニ∞の錦戸亮。理由は、「『飲みましょうよ!』って軽いテンションで連絡くれる後輩ってあんまりいないから、それは何か嬉しいっすね」というもの。

「連絡してすぐ駆けつける相手としか飲まないのがモットーの松本は飲み始めると熱く語り出し、とにかく長っ尻で今ではすっかり敬遠されがち。そんな中、率先して飲みの誘いをしてくる後輩は貴重な存在なようです」(前出・ジャニーズウオッチャー)

 KAT-TUNの上田竜也を指名したのは櫻井翔。番組で共演して一緒に取材される機会が増えて、食事もともにするようになり、今では「兄貴」と呼んで慕ってくれていることが理由だ。

 ユニークだったのは相葉雅紀。「松岡くんかな?」とTOKIOの松岡昌宏を名指しした。「いたら心強いね」というのが理由だ。

「相葉は松岡に松兄(まつにい)の愛称をつけた名付け親で公私ともに仲良し。どうも自分がリーダーになるより子分でいるほうがしっくりくるようです。最近、自宅に後輩たちを呼び、たこ焼きや手巻き寿司パーティーを開いている相葉ですが、見込みのあるのがいないんでしょう」(前出・ジャニーズウオッチャー)

 大野智はV6・岡田准一を挙げた。岡田は大野と同い年だが、

「岡田は大野にジークンドーの個人レッスンをするなど、格闘技の師匠です。大野には、メンバーを引っ張る気などさらさらない反リーダー気質であることから考えても、強い男からのリード願望が如実に現れたのかもしれません」(前出・ジャニーズウオッチャー)

 どのメンバーの答えも「先輩にとって自分を立ててくれる後輩はかわいいもの」ということがよくわかる受け答えではあった。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”