社会

飲んでも食べても大丈夫「西荻式ダイエット」の超簡単メソッド(3)血糖値の動きを自分で把握

 朝食を抜くという簡単な方法から始める「西荻式ダイエット」だが、その有効性を千木良医師が検証した背景には、現役の医師ならではの視点があったようだ。それは自分で血糖値を測ることにあるという。

「人間は体内の糖質を消費して飢餓状態になると血糖値が低くなり、空腹を感じるようになります。それが西荻式ダイエットで朝食を抜き続けている人は、だんだんとおなかが減らなくなるのです。それは体が慣れることに加えて、糖新生回路が動くことでみずから糖質を作り出すから。この状態まで体を持っていければ、朝食抜きの生活はまったく苦になりません。そして血糖値の変化を知ることができれば、自分がどの程度の飢餓状態にあるのか、そして糖新生回路がどれくらい回っているのかを知ることもできるはず。血糖値をモニターしてダイエットに生かすことができるわけです」

 しっかりと朝食を抜いて西荻式ダイエットを実践している人の場合、起床後の血糖値は緩やかなカーブを描いて下がっていくが、ある時点で少し数値が上がるという。それは体が飢餓状態を感知し、糖新生回路が動きだした証拠なのだ。

 だが、千木良医師の教えに従って朝食を抜いたのにもかかわらず、思うように血糖値が下がらないケースもある。

「子供の頃から朝食を食べ続けてきた人の場合、朝から何も食べないことに罪悪感を覚えてしまうことも。そんな人は『せめて食物繊維だけでも』と言って野菜ジュースを飲んだりするのですが、野菜ジュースには糖分が大量に含まれているので、これでは血糖値が上がってしまい、糖新生回路も止まってしまいます」

 西荻式ダイエットでは、とにかく「朝は一切、糖質をとらない」ことが何よりも重要。野菜ジュースはもちろん、サラダでさえも野菜によっては糖質を多く含むものがあり、避けたほうがいいのである。

 なお血糖値を測るというと何だか大げさに聞こえるが、実は自分で手軽に測れることをご存じだろうか。糖尿病患者の間では、携帯型の測定器による自己測定がごく普通に行われており、方法は指先から微量の血液を採取し、測定器にかけるだけ。採血は医療行為となるが、自分自身でやる場合は何ら問題はない。

「毎日の食事に合わせて血糖値をモニターすれば、自分の食べた量と質から、血糖値との関係がつかめてきます。そうやって数値で把握できれば、納得して食事の内容をコントロールできるようになるはずです」

 千木良医師自身も一日に数回ほど血糖値を測定して、数値の動きをチェックしているという。ちなみに測定器の値段は1万円前後と手頃で、通販サイトで誰でも購入可能。毎回の測定に必要なチップは消耗品で、1回100円強だ。

 そのうちダイエット実践者の間で「今日の血糖値どうだった?」といった会話が当たり前になる日が来るのも近いかもしれない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「東京五輪までに逮捕される」ヤバイ芸能人リスト(2)売れっ子俳優Tにまつわる物騒な目撃情報
2
深田恭子「“37歳”新・むっちりボディ」の秘密をバラす(1)バストサイズがボリュームアップ
3
“チクポチ”まで披露!?森香澄「胸揺れダンス」の過激化が止まらない!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!