政治

山尾志桜里「疑惑の相手と再タッグ」の“黒幕”が「不貞は事実」と暴露した!?

 今年9月、政策に関する助言を受けてきた倉持麟太郎弁護士との「不貞疑惑」が報じられ、民進党を離党することになった山尾志桜里衆院議員。10月に行われた衆院選に愛知7区から無所属で出馬して辛くも当選し、「不貞騒動」に関する質問をいっさい受け付けない「弁明」が有権者に認められた形となった。が、再選後、新たな“火種”をみずから生み出し、また話題を提供している。

 11月7日付の神奈川新聞のインタビューで山尾議員は“疑惑のお相手”だった倉持弁護士を政策顧問に就任させると明言。その中では「むき出しの好奇心になど屈しない」「『男女の関係はない』と答えたが、そうしたことを答える必要さえなかった」などと自身についての報道に反発を示したのだ。翌8日には元宮崎県知事の東国原英夫氏がツイッターで〈週刊誌報道等を余り舐めない方がいいと思う〉と指摘するなど、多くの異論が上がる山尾議員の決断。背景に何があったのか。

「山尾氏と倉持氏の『再タッグ』は“黒幕”の存在なくしては、実現しなかったでしょう」と語るのは、政界事情に詳しいジャーナリスト。同氏が指摘する黒幕とは「ゴーマニズム宣言」「おぼっちゃまくん」などのヒット作で知られる漫画家の小林よしのり氏だ。続けてこう話す。

「もともと小林氏は、山尾氏の『憲法問題』に関する見識を高く評価していて『国のために絶対に必要な政治家』とまで語っている。そして、小林氏の主催する私塾で『師範』を務めているのが倉持氏。憲法の知識とロビー活動などの行動力から、小林氏は倉持氏にも絶大な信頼を寄せているんですよ。小林氏本人も『ノンストップ!』(フジテレビ系)の取材に、山尾氏と倉持氏から倉持氏の政策顧問就任を事前に相談されていたことを明かし、『OKを出した』と答えています。現政権の『憲法改正案』に反対する小林氏が『再タッグ』を実現させたんです」

 さらには「小林氏がふたりの『不貞関係の事実』を認めてしまっているともとれるコメントをしているんですよ」との驚きの指摘もする。

「小林氏は11月7日のブログで山尾氏の問題に触れる中で、山尾氏に向けて『姦通罪の名残りなど粉砕しろ!』と綴り、マスコミや、不貞を疑う人たちに向けては『いつまで姦通罪の名残りに酔ってるんだ?』と書いちゃっているんです。この書き方だと『過去であれば姦通罪にあたる関係』が山尾氏らにあった、と受け止める人は多いと思いますよ。もっとも、小林氏は、旧刑法では不貞が犯罪行為だったから、今でも“不貞行為があったかどうか”に対しては厳しい目を向けられる、ということを『姦通罪の名残り』と言いたかったのかもしません。だとしても、今なら不貞行為は犯罪ではないのだから、本人が説明を尽くしていなくても、不貞疑惑自体を持ってはいけないと強制しているようで、違和感を覚えますね」(前出・ジャーナリスト)

 山尾氏と倉持氏を再び結びつけた小林よしのり氏。かつて「おぼっちゃまくん」で小学生をトリコにした漫画家は、いまや“平成のフィクサー”になったのかもしれない。

(白川健一)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」