芸能

乃木坂46西野七瀬「恋愛ドラマ」の共演俳優に乃木坂ファンが一斉警告したワケ

 来年1月放送のドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」のヒロイン役に乃木坂46の人気メンバー・西野七瀬が抜擢され、ファンの間では話題沸騰だ。

 同作品はかつて「週刊少年ジャンプ」で連載した恋愛SF漫画「電影少女」の25年後を描いた実写ドラマ。西野はテープが入ったままの壊れたビデオデッキから飛び出てきたビデオガール・天野アイ役で、主演の野村周平演じるごく普通の高校生・弄内翔との共同生活が描かれる。先日、念願の東京ドーム公演を終えた直後でさらなる飛躍を目指す乃木坂としては、エースがドラマのヒロインに選ばれることはとても光栄なこと。ファンは当然のように今回のニュースを朗報ととらえている。

 しかしながら、原作には「これを西野がやるの?」と、疑ってしまう破廉恥なカットも多く、艶要素も随所に散りばめられた作品だけにファンもドラマの仕上がりが気になって仕方がないようだ。あの清純派の西野が同作に挑戦というだけでもファンには心配なところだが、さらに気がかりな点もあるようだ。

「一般的に女性アイドルのファンは、恋愛作品というだけで相手役の男性を気にしがちですが、どうも乃木坂ファンは野村にあまりいい印象を持ってないようです。というのも野村は過去にドラマで共演した本田翼や大原櫻子、有村架純、武井咲、元SKEの松井玲奈といった美女たちと一緒の写真をツイッターで投稿。タイトルも『世の中の男の子ごめん』などというもので、ファンを煽るスタイルで炎上騒ぎを何度も起こしているんです。今回も西野との写真を撮影して、自慢げにアピールすることも想定できる。乃木坂ファンもメンバーが役柄上、男性俳優と多少の絡みがあるのはメンバーの成長のためと我慢できるものですが、作品外のところで煽られるのは勘弁してほしいはずですよ」(エンタメ誌ライター)

 そのため、乃木坂ファンからは「野村、なぁちゃんに変にちょっかい出してきそうだな」「野村とはあまり共演して欲しくなかったな」「ネタだと分かってても、野村のあのシリーズはイラっとくるからな」といった声が上がっている。アイドルファンの中には“ガチ恋”と呼ばれるメンバーに恋愛感情を持つファンもいるが、西野ファンはガチ恋率高めともいわれるだけに、野村も今回ばかりはアオリ行為を控えた方がいいのでは?

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変