芸能

甦る「アイドルグループ」黄金伝説(5)<直撃3>「アパッチ」亜湖

 不思議なグループだった。結成より先に曲があり、オリジナルのヒット曲はなかったが、コアな人気を誇った。それが3人組の「アパッチ」で、センターにいた亜子(59)=現在は亜湖=がアイドル時代を回顧する。

──デビュー曲は「ソウルこれっきりですか」(76年)で、これは日本の歌謡曲史に初めて登場したメドレーソング。76年にヒットした山口百恵の「横須賀ストーリー」や、都はるみの「北の宿から」など13曲をディスコ調にアレンジし、オリコン2位の大ヒット。

亜湖 そうなんですけど、それはマイナー・チューニング・バンドというスタジオミュージシャンの方々なんです。曲が予想以上に売れたので、テレビで歌って踊る用に呼ばれたのが私たちなんです。

──それまでは、どんな活動を?

亜湖 日本テレビ音楽学院の生徒で、そこから選ばれた3人が「アパッチ」になったんです。たった2週間で歌も振付も覚えて、何が何だかよくわからないままのデビューでした。

──突然の表舞台に出た感覚はいかがでした?

亜湖 それまでは3人で「日本テレビ音楽祭」などでプラカードを持っている陰の存在だったわけですよ。それがレコードも出すし、レギュラーも「8時だョ!全員集合」(TBS系)など人気番組ばかりで、すごく戸惑いました。

──あの「全員集合」にも出ていた?

亜湖 はい、キャンディーズさんと一緒に体操コーナーにも。私たちは3人とも160センチ以上あって、キャンディーズは小柄だったんです。なので、2組が並ぶと“大女”みたいに思われてました(笑)。

──そして77年には「恋のブロックサイン」で正式にレコードデビュー。新人レースの同期としては榊原郁恵、高田みづえ、太川陽介、清水健太郎と、なかなかドラマチックなメンバー。

亜湖 それと、今は引田天功として活躍している朝風まりちゃんも同期。先日、私がやっているラジオにも来てくれて「まりちゃんって呼ばれるのは懐かしい」って言ってました(笑)。

──そんなアパッチは、約5年の活動で81年に解散。そこに至った経緯は?

亜湖 契約が5年で、それが切れたから(笑)。給料はずっと5万円だったんですけど、住むところも提供してくれたし、衣装代や美容室代も請求できたので、それで足りないということはなかったです。

──解散と同時に、芸能界もいったん辞める形を取っていますが。

亜湖 その頃、住んでいた家の隣にどこかの社員寮がありまして、そこの人たちとも会話するようになって。その寮によく遊びに来ていたのが主人で。

──なるほど、ほぼ寿引退の形ですか。

亜湖 そうですね、主人は早くに他界しましたけど、2人の子供も成人して、孫が4人もいます。私は「牛角」でせっせとバイトも続けていますよ(笑)。

──ちなみに、アパッチの2人のメンバーとは?

亜湖 今でも仲いいですよ。ミッチー(太田美知子)は、都内で3000坪もある梨農園に嫁いで、ヤッチン(矢沢泰代)は結婚して、お父さんが遺した会社を手伝っていますね。そうそう、私、11月23日に36年ぶりの新曲を出すんです。

──それはナイスタイミング!

亜湖 三東ルシアさんとのユニットで「恋シンボウ」というCDです。応援してくださ~い!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
激ヤバ!「チケットが売れない」オズワルドの大ピンチは伊藤が蛙亭イワクラと交際したから