政治

小池百合子「橋下徹と合体新党」(1)衆院選の敗戦で意気消沈

 昨年夏の都知事就任後の「小池フィーバー」は今や見る影もない。衆院選の惨敗で窮地に陥った小池百合子都知事(65)。「希望の党」の代表辞任で“死に体”を印象づけたが、百戦錬磨の女タヌキに化かされてはいけない。ウラで算段をつける「一発逆転プラン」をスッパ抜く!

「衆院選後の小池さんは人が変わったように、表情はどんよりとして暗い。都庁でお見かけする時も、うつむいていることが多いですね」(都政関係者)

 10月22日投開票の衆院選で235人を擁立しながら、わずか50議席にとどまった「希望の党」。選挙戦を率いた小池氏の失望がはっきりと見て取れる。

 さらに11月12日に投票(13日開票)が行われた葛飾区議選では、「都民ファーストの会」の候補者5人のうち4人が落選。小池ブランドの凋落が鮮明になった。

 区議選の応援に携わった「都民ファ」の支持者が漏らす。

「『冷ややか』という言葉では足りないぐらいの逆風を感じました。駅前の演説でも足を止めてくれる人はほぼ皆無。むしろ、チラシを渡そうとして『インチキ集団が!』と突っかかられた者までいましたね」

 もはや「小池」の看板は足かせでしかなかったようだ。

「現場では『全員落選するんじゃないか』とささやかれていましたが、この状況で1人でも当選できたのは、むしろ上出来だと思います」(前出・支持者)

 小池氏が「希望の党」代表の辞任を表明したのは開票の翌14日のことだった。会見では、都政に専念する姿勢を強調したが、

「その前から、党の運営は共同代表の玉木雄一郎氏(48)にほとんどまる投げの状態でした」

 と語るのは政治ジャーナリストの山村明義氏。その背景について、衆院選敗北で負った心理的ダメージの大きさを指摘し、こう明かすのだ。

「伸晃氏と宏高氏の石原兄弟に対立候補を立てたものの、いずれも返り討ちにあいました。特に松原仁氏と宏高氏の争いになった東京3区には、小池氏みずから4回も選挙応援に駆けつけたにもかかわらず、『石原つぶし』は失敗に終わった。相当無念だったと思いますよ」

 昨夏の都知事選と今年7月の都議選で「大旋風」を巻き起こした小池氏だが、

「しばしば台風やハリケーンに例えられます。すさまじい勢いの瞬間最大風力を発揮したかと思えば、ピタッと風がおさまると身動きが取れなくなる。今の状況を『温帯低気圧』と揶揄する声もあります」(前出・山村氏)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
2
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
3
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
4
フジ久代萌美、松本人志への「干されればいいのに」発言に視聴者ドン引き!
5
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!