スポーツ

松山英樹がジャンボ尾崎に「引退撤回」を決意させた(1)「俺は日本しか見てなかった」

 いよいよ年末、ゴルフ界も来シーズンを見据えた動きが慌ただしい。「引退」の決断が現実味を帯びていたのはジャンボ尾崎だが、なんと「現役続行」を宣言。70歳のレジェンドを再び奮い立たせたのは、世界と戦う日本のエースだった。

 11月16日から4日間にわたって行われた「ダンロップフェニックストーナメント」は、世界ランク4位の松山英樹(25)が今季唯一参戦する国内ツアー戦とあって話題を呼んだ。同時に日本ゴルフ界のレジェンド・尾崎将司(70)の去就発言にも注目が集まった。スポーツ紙デスクが話す。

「いくつもの新聞社が松山番、石川遼番、そして御大のジャンボ尾崎にも番記者を送り込んでいた。中でも今春、『今年、結果が出なければクラブを置く』と崖っぷち宣言していたジャンボの動向は注目の的でした」

 今季ツアー13試合に出場して予選通過ゼロ、5試合で途中棄権と、誰の目にも“思い出の地”での引退発表を予感させていた。前出・スポーツ紙デスクが続ける。

「国内屈指のこの大会は、海外メジャー制覇につながる舞台としても有名。80年覇者のトム・ワトソンが翌年のマスターズ、あのタイガー・ウッズも04年、05年と連覇し、05年と06年の全英オープンで勝利した。昨年・今年と2連覇した、ブルックス・ケプカも今季の全米オープンを制している。その大会でジャンボも過去3勝し、世界に実力をアピールしたものだった。今年のジャンボは、10月のホンマ・ツアーワールド・カップで、年齢以下のスコアで回るエージシュートを達成。13年4月にレギュラーツアー史上初の快挙を成し遂げて以来、2度目の偉業に気合いが入っていた」

 一方、尾崎が逃した世界の頂点にあと一歩の松山は、公式会見で「来年の4月にいい状態でできるように取り組んでいる」と、すでに来年4月のマスターズに照準を定めていた。

 その2人が今大会の予選ラウンドを一緒に回るとあって、大会前日から会場は大いに盛り上がった。現場を取材したゴルフ担当記者が話す。

「前日までの松山はいつもどおりにぶっきらぼうでしたが、プロアマ戦のあとに一変した。ジャンボに挨拶に行き、『同じ四国出身で、どんどん立派になっていくな。米国制覇だもんな』とホメられててれ笑いするシーンまでありました。一方でジャンボも『俺は日本しか見てなかったけど、あいつは世界を見てる。大したもんだ』と日本の若武者の成長がうれしかったようです。同組対決について聞かれた時も、『20年前ならよっしゃー、と思うんだけどな』と笑いを誘いつつ、目の奥の輝きが増していた(笑)」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】