女子アナ

水ト麻美「好きな女子アナ」5年連続No.1!で加速する“食レポ特殊能力”

 12月1日に発表された毎年恒例の「好きな女性アナウンサーランキング」(オリコン)で、日本テレビの水ト麻美アナが今年もみごと1位に輝いた。水トアナはこれで、2013年度から5年連続で王座に君臨。過去に5連覇を達成したのは、2010年にフジテレビを退社した高島彩アナ(当時=現在はフリー)のみ。水トアナは栄誉ある2人目の殿堂入りを果たした。

「彼女は、伝統的な才色兼備タイプの女子アナとアイドルタイプ女子のどちらとも違う“庶民派女子アナ”という新しいカテゴリーを確立。その意味で、既存の女子アナ像を変えたと言っても過言ではありません。一時フリー転身説も流れましたが、10月から『スッキリ』へ異動。30代になっても局の顔としてますます活躍が期待されます」(放送作家)

 そんな彼女がまたしてもみごとな“大食い”ぶりを見せて、周囲を驚かせた。

「12月2日放送のアニメ『タイムボカン 逆襲の三悪人』第9話に、水トアナは本人役で出演。番組の中で神奈川県・湯河原に実在するラーメン屋の食レポを行いました。水トアナいわく『本当は食べに行ってからアフレコに挑む予定だったんですが、スケジュールの関係で行けず、エアになってしまいした』とコメントしていました」(番組関係者)

 しかしここからが、殿堂入りした女子アナの腕の見せどころ。

「ぶっつけ本番でアフレコに臨んだ水トアナは、『話を聞き、写真を見せて頂き、想像を膨らませました』と、コメント。食レポの女王ならではの“特殊能力”を発揮していたことが明らかになりました」(前出・番組関係者)

 しかもこれだけで終わらないのが、“くいしんぼキャラ”で鳴る水トアナ。

「実際にアニメに登場したラーメン店『飯田商店』に足を運び、そこで念願のラーメンを実食。さらにはつけ麺も食べ、他にも様々なメニューに舌鼓を打って、最後にチャーシューまでお持ち帰り。あまりの食べっぷりの良さに、店主を驚かせていました」(エンタメ誌ライター)

 今年の10月に「ヒルナンデス!」からの異動で得意の食レポもなくなり“痩せるのでは!?”と言われていたが、この調子なら当分そんな心配もなさそうだ。

(窪田史郎)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々