社会

東洋医学医師が憤怒直言「病院の漢方マニュアルはデタラメだ!」(1)西洋医学と東洋医学は違う

「おかしか。まるで漢方薬ば副作用だらけの危険な薬みたいに書かれとる」

 長崎弁まる出しでこう憤るのは、長崎県諫早市在住の田中保郎医師である。怒りの原因は、今年9月の「週刊新潮」に掲載された「漢方の大嘘」という特集記事。その中の「死者まで出ている副作用事典」では、どの漢方薬でどんな副作用事故が起こったかが克明に紹介され、まるで漢方薬が「副作用の塊」のように印象づけられているのだが──。

 もともと漢方薬は副作用が少ないもの、と思われてきただけに、田中氏にとってはショッキングだった。

「牛乳やソバでも、アレルギーになる人はおると。人間はひとりひとり、体質ば違う。それを、この漢方薬にはこんな副作用があるから注意せい、と薬ごとにひとまとめにして扱うのは、どうも納得しきらん」

 田中氏は、もっと本来の「漢方薬」、さらにはその基盤となっている「東洋医学」について広く知ってほしいと、みずからの考えをつづった「『病名医療』で漢方薬は使うな!?」(山中伊知郎著、山中企画)を出版したばかりだ。

「そもそも、西洋医学と東洋医学では、薬そのものに対する概念が違うと」

 長崎大学医学部を出て、西洋医学の医師として出発し、中年になって東洋医学に転じたからこそ、両方の違いがよくわかるという。

 現在の一般的な西洋医学は、まず病名を決めて、それに合わせた治療をするというものだ。風邪ならば風邪薬を処方し、ガンなら抗ガン剤か手術か放射線治療か、と最適の治療法を選んでいく。別名、「病名医療」である。いわばレディーメイドの医療で、どんな患者にも当てはまるようなマニュアルが備わっている。ベテラン医師でも若手でも、さほど差が出ないメリットもある。だから薬も「万人共通で、みんなの病気を治す」ために使われる。

 一方で、中国で生まれ、日本で改良された東洋医学は、病名よりも患者ひとりひとりの体質を重視して、体のバランスを整える。つまりオーダーメイドの医療で、医師個人の力量の差も出やすい特徴がある。だから薬も「個々人が別々で、その人の体全体が健康になる」ために使う。

「両方は別個。ところが、最近は、西洋医学の医者が、病名医療の発想のままに漢方薬ば使うけん、おかしかことになるたい」

 と田中氏は嘆くのだ。

 例をあげよう。多くの病院で風邪薬として処方されているのが、漢方薬の代表「葛根湯」である。

「葛根湯は体の表面の体温を上げる薬たい。じゃけん、葛根湯で肩凝りがよくなったり、頭痛が治ったりもする。別に風邪専門の薬ではなか。しかも、あくまで葛根湯ば有効なのは、喉頭などの体の表面部分で、気管支や内臓などから来る風邪の症状にはあまり効果はなか。それを、病名医療で頭が固まった医師は『風邪薬=葛根湯』とマニュアル的に処方するけん、漢方薬本来の効能を生かせん。『小柴胡湯』も本来は内臓など、体全体の温度調節をする薬なのに、臨床データで『肝炎に効く』となったとたん、『肝炎の特効薬』のように使われたあげく、体質が合わない患者たちが副作用で死ぬ事故ば起きたたい」

 オーダーメイドで使うべき薬をレディーメイドで使った結果の悲劇と主張するのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
2
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
3
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
4
宇垣美里、インナーがずり落ちて…ユルユル胸元から覗いた圧巻「Gカップ」
5
半沢直樹“最終回、幻のラストシーン”(3)頭取に100万倍返しする日が本当の最終回