芸能

篠原涼子、大爆死「民衆の敵」で男性視聴者を一手に担う「ぷるるんバスト」!

 篠原涼子主演の月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系)の第7話が12月4日に放送されたが、その視聴率は、月9史上ワースト2位の5.8%。もはや末期的症状の「民衆の敵」だが、一部の男性視聴者からは「見どころたっぷり」との評価もあるようだ。そのワケをテレビ誌のライターが耳打ちする。

「前話で市議会議員から市長へと転身した篠原は、白いブラウス姿が定番。そのブラウスから盛り上がる彼女のぷるるんバストが、男子の視線を一気に集めているんです。第7話で見せた疾走シーンでは、ブラウスの下で形の良いバストがばいんばいんと躍動。推定Cカップながら、おそらくサイズ以上にボリューム感のあるタイプのようです」

 そんな篠原のバストを目当てに、ストーリーには目もくれずに同ドラマにチャンネルを合わせる男性視聴者も少なくないという。これと同じ現象が、同じフジテレビの7月期ドラマでも繰り広げられていたというのだ。

「平均4.5%に撃沈した『セシルのもくろみ』では、毎回のように主演・真木よう子のロケットバストが躍動。読者モデル役の真木がダイエットのためにバストを揺らしてランニングしたり、モデル撮影のシーンでは薄い生地のドレスを身に付けたりと、もはや真木のイメージビデオだと一部からは絶賛されていました。その真木や、今回の篠原が艶アピールをしなかったら、視聴率がさらに悲惨なことになっていたに違いありません」(前出・テレビ誌ライター)

 フジテレビ系ドラマの不出来をその美バストで補っている篠原と真木。これぞまさに「ひと肌脱ぐ」ということなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
3
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
4
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
5
元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史