社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<秋バテ>「原因不明の体調不良は自律神経の乱れから」

「夏バテ」ならぬ「秋バテ」をご存じか。一日中眠い、肩凝り・頭痛がする、めまいや立ちくらみがある、やる気が起きない、風邪ではないのに、鼻水や咳が出る‥‥。こういった体の不調を感じたら注意したほうがいい。

 季節の変わり目のこの時期は、気温差が激しく、気圧も変化しやすい。そのため、体が対応できずに自律神経が乱れ発症する。猛暑の時期に冷たい飲み物ばかりを飲むと内臓が冷え、血行不良や便秘、下痢、食欲不振の原因にもなりやすい。筋肉量が少ないと、寒暖差に体が対応しにくく、冷えを感じやすくなるので要注意だ。

 こうした「秋バテ」は自律神経の乱れが大きな原因であるために、医者に診てもらっても改善しない人がほとんど。

 そのため、自分でできる予防や改善策がポイントになってくる。

 自律神経の乱れを整えるためには、まずは39度くらいのぬるめのお風呂に、15分程度ゆったりとつかること。できれば就寝1時間半くらい前にお風呂から上がるのが望ましい。入浴で上昇した体温が約1時間半かけて下がり、睡眠の質が高まるからだ。

 食事は代謝をアップさせるために、タンパク質を多く摂取することを心がけて。特に朝食はエネルギー補給が重要であるため、卵や納豆を摂るのが効果的だ。

 また、血管を拡張するためにタマネギを、内臓冷えを解消するためにネギやショウガ、ニンニクなど、体を温める食材を積極的に摂ることもお勧めしたい。冷たい飲み物は控えて、温かいお茶などを積極的に飲むようにするといいだろう。

 ちなみに特効薬はないが、「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」「六君子湯(りっくんしとう)」など、胃腸機能を高め、食欲不振を改善する漢方薬などを取り入れて、季節の変わり目を乗り切ろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!