芸能

佐々木希、演技力なしでも「セリフ急増」のウラ事情

 ドラマ「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」(フジテレビ系)で準主役として出演中の佐々木希(24)。セリフが急増する活躍ぶりの背景には、“あのスポンサー”の存在も見え隠れするのだ。

 現在、主演の深田恭子の先輩空港管制官役として、出演中の佐々木。これまでも、「準主演にもかかわらずセリフゼロ」や「遺影での登場シーンのみ」など数々の屈辱現場が報じられ、そのたびに彼女の“演技力のなさ”が指摘されてきた。

 ところが今回のドラマでは、準主役と大抜擢。しかも管制官という役どころから、英語での長セリフが随所に出てくるなど、まさに大活躍なのだ

 テレビ誌編集者によれば、

「もともとセリフを覚えるのが苦手な佐々木さんは、NGが他の出演者に比べるとかなり多い。しかも肝心の英語のセリフが棒読みで、慌ててマンツーマンで英会話の指導を受けたといいます。共演している深田や要潤の発音が流暢なだけに、ネット上でも『(役柄の)先輩のはずが英語がたどたどしすぎる』と指摘されています」

 いまだに女優としての力量は、未知数といったところか。それにしても、なぜ佐々木が抜擢されたのだろうか。

 大手広告代理店スタッフが解説する。

「それは、花王の1社提供枠だからですよ。かつて納豆スキャンダルで打ち切りになった『あるある大事典』の枠で、その後は紆余曲折があり、現在はドラマ枠となっています。しかし、フジは『あるある──』の件で花王に借りがあって、その意向が無視できないんです。今回のドラマの場合も、花王のエッセンシャルシャンプーのCMに佐々木が出演している経緯もあり、ドラマ起用するにあたってスポンサーから制作サイドに、『ちゃんとした役を頼みますよ』と要望されたといいます。それゆえに、セリフがけっこうあるんですよ」

 つまりスポンサーの“圧力”で、佐々木がここまで大々的に持ち上げられているというのだ。

「そもそもセリフの量が多い少ない以前に、出演者の顔ぶれを見ると、他にも花王の商品のCMに出演している女優陣がいます。主演の深田の上司役で、準主演級の瀬戸朝香も、『キュキュット ハンドビューティ』のCMに出ている。最近も同じ枠で、オダギリジョー主演の『家族のうた』が打ち切りになって、ますますフジ側の配慮は尋常ではなくなった。今回のドラマは初回が14%で好調だったので、とりあえずフジ側は胸をなで下ろしています」(前出・代理店スタッフ)

 女優生命に黄色信号がともっていた佐々木にとっては、無事ソフトランディングできたようである。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ピエール瀧の逮捕で「新たな芸能人逮捕」の動きが加速する理由!
2
羽賀研二「稀代のワル」の履歴書(1)梅宮父娘が背負わされた借金の全容!
3
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由
4
ガッキーとの行為を自慢?関ジャニ・錦戸亮が女遊びを改めないワケ
5
ASKA、石野卓球のコメントを称賛で判明した「チャゲに望んでいたこと」