芸能

女芸人No.1決定戦「THE W」、視聴率は上々も「次はない」根本的な理由!

 去る12月11日に日本テレビ系で放送された「女芸人No.1決定戦 THE W」決勝。

 優勝賞金1000万円を用意して鳴り物入りでスタートした同大会は、当初、出場を予定していた山田邦子が出演を辞退したほか、事務所関係者の手違いにより友近が予選に出場できなくなるなど、トラブル続きの第一回大会となった。さらに、優勝したゆりやんレトリィバァの面白みにも賛否がわかれ、どうにも、盛り上がりが不安視されていた中、決勝の視聴率は13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 フタを開けてみれば、10月にTBS系で放送されたコントNo.1決定戦「キングオブコント2017」を大幅に上回る視聴率を獲得したのだ。しかし、業界内での見方はシビアなようで──。

「第2回の開催は難しいのではないでしょうか」と語るのはお笑い関係者だ。続けてこう話す。

「松本人志さんと高須光聖さんが副音声の解説を担当したことで注目を集めたものの、肝心のネタのクオリティが低い印象がありました。優勝したゆりやんに関しても、ほうぼうで“出来レース疑惑”まで囁かれている。そもそも『THE W』は、お笑いの“賞レース”として根本的な問題を抱えているんです」

「THE W」が抱える根本的な問題とは?

「頂点を争うことのできる芸人の数が全く足らないんです。636組がエントリーしたものの、大半が『テレビで見せられないレベル』。来年、2回目をやっても決勝の顔ぶれがほとんど変わらない可能性が大ですね」(前出・お笑い関係者)

 上々の視聴率をマークした「THE W」だが、何とも厳しい今後の展望なのであった。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
2
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
3
永野芽郁、「金髪姿」披露にあがった“まさかのショックな指摘”とは?
4
三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(1)芸能人好きの総理にすり寄り
5
ザ・ドリフターズ 仲本工事が明かす「全員集合」裏話(1)長かったいかりや長介の説教