芸能

吉岡里帆「オヤジ殺し女優」の野心な“可愛さ”(1)カラダを武器に仕事を増やす

 今年一番のブレイク女優といえば、吉岡里帆をおいて他にいないだろう。現在のふんわりとした癒やし系のキャラクターとは裏腹に、かつては過激なグラビアにも挑戦した野心系アイドルだった。そんな彼女がオヤジ殺しテクを駆使して上り詰めた秘話を全て公開しよう。

 いよいよ、来年1月に主演ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)がスタートする吉岡里帆(24)。オリコンが発表した「2017年ブレイク女優ランキング」で1位を獲得したほか、CMでも引っ張りだこ。「どん兵衛」「ZOZO TOWN」などのCMに起用され、一躍、トップ女優の仲間入りを果たしたのだ。

 だが、吉岡は突然ブレイクしたワケではない。

「今思えば、ブレイクを見据えて下積みに励んでいたのかもしれません」

 と語るのは、グラビア時代の彼女を知る出版関係者だ。

 実は12年、女優を志して現事務所に所属した彼女は、21歳となった14年夏から水着姿にも果敢にチャレンジ。グラビア界に進出したのだった。

「当時の彼女は、なかなか女優としての仕事を増やすことができず焦っている様子でしたね」

 と当時を振り返るこの出版関係者は、グラビアに進出した吉岡について、

「『カラダを武器に芸能界の仕事を増やそう』という意欲を感じました」

 とも語るのだ。

 つまり女優ではなく“グラビアアイドル”として週刊誌上に登場した彼女は、スレンダーなスタイルからはおよそ似つかわしくないグラマラスなボディで、一躍、注目の存在になったのだという。さるアイドルウオッチャーが証言する。

「愛くるしい童顔とEカップ巨乳、弾力感のあるヒップの組み合わせは衝撃的でした。反響もすさまじく、ネット上に彼女のグラビア写真が次々と転載されて知名度が爆発的に上昇していった。彼女のグラビアが掲載される号は目に見えて売り上げが伸びたんです」

 しかも、あまりに完成度の高い吉岡の水着グラビアを巡っては、ネット上で思わぬ議論の的にもなったことも。

「実は、彼女がグラビアに登場した当初、あまりにオッパイの形がいいので『豊胸説』や『画像加工説』まで流れました。しかし現場で直接、彼女の水着姿を見てみると、自然に揺れていて明らかに“ナマ乳”なんです。当時は、グラビアアイドルに“修整”が入っている場合がありましたが、彼女にそういうレタッチはなかったですよ」(前出・出版関係者)

 グラビアで“第一のブレイク”を果たした吉岡だが、圧倒的人気の背景にあったのは、癒やし系の清純なルックスからは想像できない「脱ぎっぷり」のよさにあったのだ。

「彼女が身につける水着は、とにかく布の面積が小さくて露出度が高いものばかり。撮影スタッフがセレクトした水着の中から彼女本人が率先して過激な『極小ビキニ』を選んでいました。メイキング動画でも残っていますが、満面の笑顔で服を脱いで水着姿になるんです。みごとな脱ぎっぷりでしたね」(前出・出版関係者)

 このグラビア時代の度胸のよさが、今の女優への出世ぶりにつながっている‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」
2
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応
3
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
4
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い
5
旧ジャニーズ勢「12番組全切り」で経費ガッツリ削減も…ラジオ放送を取り巻く厳しい実情