芸能

荻野目洋子、ダンシング・ヒーロー再ヒットの「意外な“大物”立役者」

 安室奈美恵の突然の引退発表に、衝撃が走った今年下半期の音楽業界。一方、世代を超えるヒット曲こそ恵まれなかったものの、思わぬ大ヒットとなったのが1985年にリリースされた荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」である。

「今年の8月、『ダンシング・ヒーロー』を取り入れた女芸人・平野ノラのネタを元に、大阪府立登美丘高校のダンス部が『第10回日本高校ダンス部選手権』で準優勝したことがきっかけとなりSNSなどで動画が公開され、大きな話題を呼びました」(音楽誌ライター)

 その人気を受け、11月には定番のオリジナルバージョンから、デビュー30周年のリメイク版までこれまでに発表された全11バージョンを収録した「ダンシング・ヒーロー -ALL EAT YOU UP-」が配信され、今月20日には初めてCDシングルもリリースされた。

「10月末に『うたコン』(NHK)で、荻野目と登美丘高校ダンス部(以下、TDC)の初共演が実現。『御堂筋ランウェイ』『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)と、共演を重ねる度に人気は沸騰。『2017 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)を始め、年末の歌番組では引っ張りだこでしたね。そうした活躍が認められ、『第59回日本レコード大賞』では、荻野目とTDCが何と特別賞を受賞しています」(前出・音楽誌ライター)

 この受賞を受け、荻野目自身もブログで、〈登美丘高校ダンス部のみなさんと共に受賞することが出来て、本当に嬉しいです。そして、いまだお会いしていない平野ノラさん、登場曲として使ってくれたおかげで、若い世代の方たちに浸透することが出来ました。有難うございます〉と感謝のコメントをつづっている。さらに荻野目は、「めちゃ×2イケてるッ!」「とんねるずのみなさんのおかげでした」(いずれもフジテレビ系)に対しても、特別な思いを打ち明けている。

「『めちゃイケ』の中で、岡村が『オレはダンシング・ヒーローになりたいんや』と連呼してくれたことにも感謝。さらに『みなおか』の中で、とんねるずの2人がコントで面白おかしく踊ってくれることがなかったら、2014年バージョンのダンスも生まれていなかったとコメント。32年ぶりのリバイバルヒットの陰で、この二つの番組が果たした役割はとても大きかったと思いますね」(放送作家)

 奇しくも両番組とも、来年の3月末をもって終了する。伝説の番組が果たした役割の大きさを、改めて知る年の瀬でもある。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!