社会

「世界一健康な国」イタリアの生活習慣「エスプレッソ」で前立腺ガン予防!

 米誌「Bloomberg Businessweek(ブルームバーグビジネスウィーク)」が調査・発表した「世界で最も健康な国ランキング」。平均寿命や各国における死因、高圧血症、喫煙率、栄養不足などの健康リスクを基準に作られたこのランキングは、163カ国中93.11ポイントでイタリアが1位だった。ちなみに日本は89.15ポイントで7位だったが、同誌によると「イタリア1位」の理由として考えられるのは、オリーブオイルと赤ワインを中心にした地中海の伝統的な食生活や喫煙率の減少とともにエスプレッソの消費量の多さだという。

 同様のランキングは英デイリー・メール紙にも掲載されている。それによると、国立地中海神経学研究所とローマ・イマコラータ皮膚病研究所の研究チームは、イタリア・モリーゼ州の男性住民約7000名を対象とした疫学調査を実施。4年間の追跡調査の結果、1日3杯以上のエスプレッソ摂取者は、コーヒーを飲まない者に比べて、前立腺ガンの発症リスクが53%低かったことが発見されたという。

 改めてエスプレッソについて説明しておくと、コーヒー粉に高圧蒸気を通していれた濃いコーヒーのことだ。ドリップ式が主流の他国のものとは味わいがかなり異なる。また、このエスプレッソは他にも記憶力の向上やうつ病率の低下、脳卒中の減少、さらに血流を良くするので持久力が付くことなどが証明されている。

 前出の研究チームの共同研究者のマリア・ベネデッタ・ドナティは「効果のほとんどは、カフェインによるもの」と言い、エスプレッソはカフェインを効率よく摂取できるのだという。

 前立腺ガンに話を戻せば、このガンはかつては欧米男性に多く、日本人の男性にはごく少ないガンだった。しかし、最近は日本人男性の間でも増え続け、1975年に年間2,000人程度だった罹患者数が2000年には2万人を超え、06年には4万人、そして20年には約8万人に達すると予想されている。何らかの対策は必要なのだ。

 イタリア人の「健康と長寿の秘訣」が“生活の一部”となっている濃厚なエスプレッソだとすれば、ここは生活習慣になるまで、まねしてみてもいいのかもしれない。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”