芸能

「民衆の敵」惨敗で注目される脚本家「視聴率放棄発言」にフジ局内が騒然

 篠原涼子が主演を務めたフジテレビ系ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」が、大惨敗ともいえる低視聴率を記録した。

 去る12月25日放送の最終回の平均視聴率は4.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と、月9史上初の“4%台”となるワースト1位を記録。初回から最終回までの10話で一度も二ケタに到達しないまま終了することとなった。

 篠原が女性市議を演じた同作だが、敗因はどこにあったのか。

「衆院選の影響で初回放送を一週間遅らせたり、プロ野球のクライマックスシリーズが長引き、放送時間が遅くなったりと、確かに“不運”はありましたが、それを差し引いても酷い数字ですね」と語るのはフジテレビ関係者だ。さらに続けて──。

「ドラマの内容に関して、局内では『シブいところを突いている』という賞賛の声もあったものの、『脚本が薄っぺらい』『現実味に欠ける』といったネガティブな意見が大半でした」

 また、「新しい取り組みにチャレンジして失敗するのは仕方ない」と語る同関係者だが、同作の脚本を担当した黒沢久子氏に関して「どうしても納得のいかない部分がある」と憤りを露わにするのだ。

 いったい、納得のいかない部分とは?

「彼女は『民衆の敵』について聞かれたスポーツ紙のインタビューで『9人の人に嫌われても1人の人に大好きだと言われる番組があってもいいんじゃない?』と最終回直前に語っているんですが、これは低視聴率を居直った『視聴率放棄』の大暴言。インタビューを一読して、携わっている役者やスタッフのことを思い腸が煮えくり返る思いでした」(前出・フジ関係者)

 そして、結局、実際は10人中1人にすら視聴されないまま伝説の惨敗ドラマが終了したのであった。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“杏が離婚決意”報道で急浮上した東出昌大「謝罪会見で堂々と大ウソ」疑惑!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
浜辺美波が「彼氏がいたことない」白状、高校卒業後も“男性未経験”を継続中?
4
山咲千里、「現在の姿」に驚愕反応が続々も「含蓄ある発言」に賛同の声!
5
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!