芸能

アキラ100%、あの「全脱ぎお盆ネタ」が「お正月しか見れなくなる」!?

 昨年2月、ピン芸人ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり2017」で優勝し、大ブレイクを果たしたアキラ100%。一糸まとわぬ姿で舞台に上がり、お盆で局所を巧みに隠すネタは同大会終了後も大人気だ。1月8日放送の中井貴一出演の「娘の結婚」(テレビ東京系)でドラマ初出演を果たすなど、活動の幅を広げている。

 2018年も引き続き「全脱ぎお盆ネタ」でネタ番組を席巻しそうな勢いのアキラだが、今後の彼の活動について興味深い噂が聞こえてきた。アキラについて「『そろそろお盆ネタを封印するんじゃないか』と、業界内で言われているんですよ」と語るのはお笑い関係者だ。

「彼のお盆ネタはインパクト抜群なうえに完成度も高いんですが、あれ一本で何年も続けるには無理がある。なので、最近では“限定的な見せ方”への方針転換を彼に勧める関係者もいるんです」

 アキラに勧められる「お盆ネタの方針転換」とは?

「今後、テレビ出演時は服を着るようにして『お正月しか一糸まとわぬ姿でのお盆ネタをやらない』という“正月の風物詩”芸への転換です。かつての海老一染之助・染太郎のように『お正月といえばアキラのお盆ネタ』というふうに定着すれば、飽きられることなくあのネタを続けることができる。今後、彼のお盆ネタは『正月限定』になるかもしれません」

 アキラ100%が「現代の染之助・染太郎」となる確率は案外高そうなのである。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」