芸能

「SMAP×SMAP」後番組、超低空飛行のまま終了で加速する“テレビ離れ”

 2016年いっぱいで終了となった「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の後番組、「ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?」(フジテレビ系)が12月25日、ひっそりと最終回を迎えた。

 最終回の視聴率は4.5%と最後まで低迷。高視聴率を連発した「SMAP×SMAP」とは比べるまでもなく、印象にさえ残らない番組だった。

「ワケあり有名人を迎えて赤裸々にトークしてもらう内容でしたが、スマスマのような明るさや楽しさは望めませんでした。SMAPの解散騒動があって以来、スマスマの内容も単調なものになってしまって視聴率が2ケタを割ることもありましたが、30%超えをすることも珍しくなかったほど支持されていた番組です。歌あり、コントあり、海外の大物スターとの共演ありと、見る人に夢を与えてくれました。振り返ってみると本当に偉大な番組だったし、あらためてSMAPというグループがなくなってしまったことを残念に思います」(エンタメ誌ライター)

 スマスマのような華やかなバラエティは現在のテレビ番組では見当たらず、スマスマの終了とともにテレビ離れしてしまった視聴者もいるという。

「稲垣吾郎さん、香取慎吾さん、草なぎ剛さんのインターネットテレビがあれだけ成功したのは、テレビ離れの証明かもしれません。彼らの天真爛漫な楽しさ、ゴージャスな雰囲気を視聴者は求めているのだと思います」(前出・エンタメ誌ライター)

 稲垣、香取、草なぎは11月に続き1月1日放送のAbemaTVで、「27Hunホンノちょっとテレビ」に出演し、新年の挨拶や楽曲を披露した。分裂・解散後も強力に視聴者を引き付ける元SMAPメンバーによって、ますますテレビ離れは加速していくのかもしれない。

(笠松和美)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
「ソフトバンクを猛追」を妨害するロッテの爆弾「投打のブチ壊し男2人」困った舞台裏
4
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
5
山川穂高「ブーイング攻撃」に参った…沖縄で泡盛飲んで気分転換しても「ドン底大不振」から抜け出せない!