社会

NHK大河「西郷どん」スタートで幕末「維新の傑物」新説がアツい!

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」が1月7日にスタートした。そこで改めて興味がわいてくるのが、幕末に活躍した人物たちの意外な人間模様の「新説」の数々だろう。例えば、「西郷どん」その人である西郷隆盛は結構な気分屋だとか、大久保利通とはボーイズラブ的な関係にあったという説もあるという。1月9日発売の週刊アサヒ芸能1月18日号では、歴史研究家・河合敦先生と「歴ドル」美甘子が「維新の傑物たち」のウラ・オモテを熱く語りあっている。

「西郷さんと大久保利通のちょっと仲いい感じとか、ボーイズラブ的ところもあるという噂が聞こえてきたりして…」(美甘子)

「薩摩では、年長者が年下の者たちの面倒を見るという教育制度が昔からあり…」(河合氏)

 あの西郷と大久保がボーイズラブ?歴史背景からの考えられる説とはいえ、それぞれ西郷、大久保に扮する鈴木亮平と瑛太の顔がチラついてしまう。

 また、折しも「龍馬が教科書から消える」との報道があり、幕末周辺を巡る話題もにぎやかな昨今。歴史通の2人が縦横に語るのは、以下のような歴史語りだ。

●「龍馬が教科書から消える」は本当か?

●新たに発見された手紙に初めて登場する言葉とは?

●龍馬暗殺の「実行犯」とその「黒幕」を明かす!

●龍馬を大好きだった陸奥宗光の奥さんがとんでもなく美人!

●勝海舟は奥さんと、「本妻でない妻」と一緒に、どのように寝ていたか?

 などなど。

「大久保がいなかったら西郷さんはどんどん暴走してたいへんなことになっていたかも知れませんね」(美甘子)

「西郷っていう人は、けっこう気分屋さんで、江戸を攻める強硬派だったはずなのに勝と会談して江戸を攻撃せず慶喜の首もとらないということをその場で約束してしまい、京都に戻って大久保に話すんですが…」(河合氏)

 いつしか、西郷と大久保は征韓論を巡って激しく対立。敗れた西郷は下野して…。人望の西郷に、絶対ぶれずに近代化の礎を築く大久保という、ともに鹿児島出身の2人を含む幕末人間模様のエピソードがテンコ盛りの歴史語りを堪能すれば、大河ドラマ「西郷どん」も10倍楽しめそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大野智、39歳「誕生祭」は国交省も祝福する前代未聞の大盛り上がりだった!
2
深田恭子、加藤綾子…芸能人「いい夫婦の日」に続く年末年始婚ラッシュ予測!
3
大迷惑!「モトカレマニア」出演の矢田亜希子にまで及ぶ沢尻エリカ逮捕“余波”
4
2019年の「やらかし美女」が決定!下腹部見せの不貞女子アナが奇跡の戴冠
5
今回はお預け?氷川きよし、NHK紅白で“キャラ変”披露はナシ説の納得理由