芸能

品川祐、「大竹しのぶをバケモノ呼ばわり」に見る“干されっ放し”の理由

 お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐が1月2日、自身のインスタグラムをアップ。

「久々に嫁と2ショット #安芸の宮島」と、広島の厳島神社の大鳥居をバックに2人で写った写真を公開したが、妻の顔には自身の顔を合成し、“そっくりすぎる妻”にしていた。

「昨年12月にも娘の顔に自身の顔を合成し『そっくりすぎる娘』として話題になっていましたが、今回はその妻バージョンということでしょう。確かに一部ネットニュースで話題にはなりますが、面白さという意味では今一つですね」(芸能ライター)

 そんな品川が、昨年12月23日にインスタにアップしていたのは、大竹しのぶについての考察だ。舞台「欲望という名の電車」のポスターの画像にこんな長文のコメントを添付した。

〈街でたまたま大竹しのぶさんと北村一輝さんに会った。そんなことある!?大竹しのぶさんとはお会いするのはじめて

『これは、舞台観に来ないとね』と言っていただいたので行ってきた。出演の方みんな本当にスゲエ。大竹しのぶさんは演技の化物

 怪物と化物の夫婦だったんだよなと改めて思った〉

 演劇ライターが言う。

「お笑い界のモンスターで、“おしゃべり怪獣”とも呼ばれる明石家さんまと大竹しのぶは1988年に結婚。結婚生活は5年で破綻したが、離婚後、独身を貫くさんまと違い、大竹は野田秀樹と同棲するなど、恋多き女ぶりはつとに有名です。浮名を流した男たちと経験した恋愛がそのまま芸の肥やしとなる稀有な演技派女優で、品川は、そうした大竹のキャリアも含めて、演技の迫力に感激したんでしょう」

 さっそくフォロワーからのコメントが殺到している。

「舞台見てみたいです!!」というシンプルな感想から、「しのぶさん、名女優さんですね」「大竹しのぶさんは、すごい方ですよ」「大竹しのぶさんの演技はドラマ見てても引き込まれます!」といった大女優への賛辞があふれた。ただし、品川は芸人でもあるが、映画監督の顔も持っているはずだが…。

「バケモノと形容したくなるほど、すごい女優の演技を目の当たりにしたら、普通はこの女優を使ってこんな題材の映画を撮りたいと夢が広がるものですが、そこまではいかなかったようですね。コンビとしてもピンでもさっぱり仕事に恵まれない日々が続いているのもわかる気がします。ここらで、発奮するべきではないですか」(前出・芸能ライター)

 もっとも年明けにはインスタで、主にネットなどで見られるIT企業のCMの監督を務めたことを明かしているが、地味な感じは否めない。ここは大竹に受けた刺激をもとに新たな笑いや作品を生み出してほしいものだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス