芸能

乃木坂46秋元真夏「“行為”中すぐオモチャを使う外国人」情報にニヤニヤ!

 内容が内容だけに本人としてもワイプで抜かないでほしかった?

 乃木坂46の秋元真夏が、去る12月29日放送の「ヤバイ話 ザ・ワールド」(テレビ東京系)に出演した際の、ある話題でのリアクションにファンが強い興味を示している。同番組は様々な国に芸能人レポーターが訪れ、「その国で一番ヤバイ話」を聞くという内容の番組。問題のシーンというのがレポーター役の矢口真里がフィリピンで、男性と金銭と引き換えにベッドをともにするプロ女性にインタビューしたシーンだ。そのプロ女性はかなりの美人で、様々な国の男性にサービスをしてきたということだが、矢口から「この人たちしんどかったっていう国ってありますか?」という質問をぶつけられると、ある地域に住む外国人の名称を即答。その理由について「彼らはすぐに」と言って、電動の張り型などの大人の「オモチャを使うんです」といった過激な発言が飛び出し、スタジオから笑いがこぼれていた。この時にちょうど秋元の顔が画面すみのワイプに抜かれていたのだが、何とか笑わないように頑張るも、不覚にもニヤニヤした顔が映されてしまったのだ。

 この秋元のニヤニヤ顔にファンが敏感に反応し、ネット上では「真夏さん、もろに笑ってるじゃん」「さすがに大人だし、意味はわかるよな」「アイドルなんだからスタッフもそこは気を遣って映さないでやれよ」などといった声が上がり、ちょっとしたにぎわいとなっている。

「過去には白石麻衣も競馬情報番組『うまズキッ!』(フジテレビ系)で、艶ネタを振られることが多かったが、そのたびにファンはザワついてましたね。『ホーケイヨシダ』という馬の名前を音読するように求められた白石は、最初は笑うのをこらえて馬名を音読したものの、途中で耐えられず、机に顔を伏せて爆笑してました。清楚系グループとして知られる乃木坂ですから、こういう艶ネタでメンバーが動揺しているところを見て、興奮を覚えたり、何とも言えない気分になるファンもいたりと反応は様々ですが、何だかんだでファン界隈では必要以上に盛り上がる傾向にあります」(アイドル誌ライター)

 とはいえ、秋元は乃木坂のメンバーの中でもバラエティ番組に数多く出演し、比較的どんな内容を振ってもしっかり受け応えできるメンバーとして知られている。今年夏に誕生日を迎えると25歳にもなり、時折、ジョークで乃木坂の艶っぽさ担当を自称することもある秋元。今後は艶ネタにも対応できるようになれば、ますますその大人の魅力が増すことは間違いないだろう。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」