芸能

乃木坂46秋元真夏「“行為”中すぐオモチャを使う外国人」情報にニヤニヤ!

 内容が内容だけに本人としてもワイプで抜かないでほしかった?

 乃木坂46の秋元真夏が、去る12月29日放送の「ヤバイ話 ザ・ワールド」(テレビ東京系)に出演した際の、ある話題でのリアクションにファンが強い興味を示している。同番組は様々な国に芸能人レポーターが訪れ、「その国で一番ヤバイ話」を聞くという内容の番組。問題のシーンというのがレポーター役の矢口真里がフィリピンで、男性と金銭と引き換えにベッドをともにするプロ女性にインタビューしたシーンだ。そのプロ女性はかなりの美人で、様々な国の男性にサービスをしてきたということだが、矢口から「この人たちしんどかったっていう国ってありますか?」という質問をぶつけられると、ある地域に住む外国人の名称を即答。その理由について「彼らはすぐに」と言って、電動の張り型などの大人の「オモチャを使うんです」といった過激な発言が飛び出し、スタジオから笑いがこぼれていた。この時にちょうど秋元の顔が画面すみのワイプに抜かれていたのだが、何とか笑わないように頑張るも、不覚にもニヤニヤした顔が映されてしまったのだ。

 この秋元のニヤニヤ顔にファンが敏感に反応し、ネット上では「真夏さん、もろに笑ってるじゃん」「さすがに大人だし、意味はわかるよな」「アイドルなんだからスタッフもそこは気を遣って映さないでやれよ」などといった声が上がり、ちょっとしたにぎわいとなっている。

「過去には白石麻衣も競馬情報番組『うまズキッ!』(フジテレビ系)で、艶ネタを振られることが多かったが、そのたびにファンはザワついてましたね。『ホーケイヨシダ』という馬の名前を音読するように求められた白石は、最初は笑うのをこらえて馬名を音読したものの、途中で耐えられず、机に顔を伏せて爆笑してました。清楚系グループとして知られる乃木坂ですから、こういう艶ネタでメンバーが動揺しているところを見て、興奮を覚えたり、何とも言えない気分になるファンもいたりと反応は様々ですが、何だかんだでファン界隈では必要以上に盛り上がる傾向にあります」(アイドル誌ライター)

 とはいえ、秋元は乃木坂のメンバーの中でもバラエティ番組に数多く出演し、比較的どんな内容を振ってもしっかり受け応えできるメンバーとして知られている。今年夏に誕生日を迎えると25歳にもなり、時折、ジョークで乃木坂の艶っぽさ担当を自称することもある秋元。今後は艶ネタにも対応できるようになれば、ますますその大人の魅力が増すことは間違いないだろう。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
2
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」