芸能

桂文枝は氷山の一角!?不貞グセが直らない若手芸人2人の「ゲス行状」!

 一昨年には演歌歌手、昨年末には日本舞踊の講師との不貞疑惑が噴出した桂文枝が1月10日発売の「週刊新潮」で苦しい弁明をしているが、最近の例では、宮迫博之や、三遊亭円楽などお笑い界には、不貞癖が直らないタイプの御仁が多い。

 女遊びは芸の肥やしということなのかもしれないが、彼らほどの大物ではないが、内容面においては、かなり大胆に不貞にいそしんでいる若手芸人がいる。2人とも、年末の風物詩「M-1グランプリ2017」のファイナリストだ。この漫才No.1を競う大会であるM-1は、優勝を逃しても、決勝戦で何かしら爪跡を残せば、翌年の仕事がグンと増える。それだけに決勝戦を戦うファイナリスト10組(復活1組を含める)にとってはビッグチャンスなのである。

 そんなM-1ファイナリストで、現在、妻子がありながら女遊びをしまくっている芸人の一人は、2丁拳銃・小堀裕之だ。

「彼の“悪行”は、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)でたびたび密着されています。M-1人気が爆発する前の03年度のファイナリストで、4児のパパ。かつては『よしもとブサイクランキング』の上位にランクインする常連で、誰もが認めるブサメンです。しかも低収入で、家族6人の生活費を5万円しか入れない月もあったほど。ところが、最近まで8人も愛人がいたそうです。芸人仲間に批判されて、昨年に一度清算したのに、その後なぜか12人に増えたとか(笑)。もはや、ゲス夫のプロといえます」(ベテランの芸能記者)

 また「M-1グランプリ2010」の準優勝コンビであるスリムクラブ・真栄田賢の場合は、さらに上手だ。あろうことか、不貞の相談を妻にしているのだ。前出の芸能記者は続ける。

「かつて『FRIDAY』と『週刊文春』で不貞をスクープされた彼ですが、余罪は多く、不貞は100回を超えていたことを自白しています。“彼女”にフラれそうになって落ちこんだ時、奥さんに相談するという信じられない行動に出たんです。ショックを受けた奥さんは、『あんたの人生だから後悔しないように、追いかけるなら追いかけたほうがいい』と助言。自分を見つめ直すために登山をして、スッキリした顔で帰ってきたあと、『自分に向き合うことができた』ことを理由に、元の夫婦生活に戻ったそう。これを許した奥さんには頭が下がります」

 小堀は合コンで、真栄田は飲み屋でナンパして出会うのが常套手段。今後、オンナ遊びの癖が収まるとは到底思えないが…。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ局の顔色が真っ青に!?NEWSの早期復帰に激怒する人たちとは
2
乃木坂46、「女性アイドル顔だけ総選挙」でわかった顔面偏差値の驚異的高さ!
3
深田恭子が極上ボディを見せつけた!「透けるドレスのFカップ」が悶絶モノ
4
サッカーを知らなかった佐藤美希がNHK・W杯キャスターに起用された裏事情
5
深田恭子、まぶしすぎる34歳のFカップ&美脚で報道陣をKO!