芸能

宮根誠司、不貞疑惑を弁明する小室哲哉を「擁護しまくり」に批判の嵐!

 1月19日、音楽プロデューサーの小室哲哉が、自身の不貞疑惑報道を受けて会見を開き、芸能界から引退することを発表した。小室は看護師である女性との「男女の関係」は否定しつつ、「誤解を招く甘い言動が多々あった」ことを認め、騒動の責任を取る形で引退を決意したという。この発表に、ネット上には多くの意見が寄せられ、芸能界からも多くのコメントがあがった。

「『globe』のメンバーであるマーク・パンサーはこのニュースに衝撃を受けたようですが《グローブのともし火は消さない!!!》と決意を表明。お笑い芸人のエハラマサヒロは《雑誌がまた一人の天才を殺しました》と、疑惑を報じた『週刊文春』を痛烈に批判し、賛同の声が寄せられています」(スポーツ紙デスク)

 そして、同日放送された「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では司会の宮根誠司が「自分が癒やされるならダメとは言えないし、ボクも話聞いてもらいたいと思うし」と、小室に同情するコメントを発した。ところがこれに対して、ネット上で批判の嵐が吹き荒れたのだ。

「仮にも報道番組の司会という立場にありながら、昨年11月に再燃した自身の不貞&隠し子騒動についてはいっさい語らなかった。そのため、ネットには『宮根はコメントできる立場にない』『宮根の発言はおこがましい』『宮根もけじめをつけて引退したら?』など、辛辣な意見が続出したんです。1月21日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)でも、かつて番組で小室に会った印象を『小室さんはピュアな方で…』と語ったり、看護師である相手女性との接触で介護疲れがとれて妻のKEIKOさんへの愛情もあるなら『いいんじゃないの~』なんて共感するような口ぶりで言ってました。番組コメンテーターの木村太郎氏が、KEIKOさんの病状を明かしながら介護疲れで不貞してしまったかのように弁明するのは、全国の介護で苦労している人たちが怒る──そんなふうに小室を批判したことにも同調しなかった。まるで、文春が報道したのがすべての元凶と言わんばかりの気持ちがにじみ出ていましたね。さらにいえば、文春に相手女性の告白という形で報じられた自身の不貞騒動を正当化しているような印象さえ覚えましたね」(芸能ライター)

 宮根は有名人の不貞騒動にコメントするたびに、ブーメランが飛んできそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談