芸能

マユツバのヤンキー武勇伝に猛批判!益若つばさの地元話に視聴者がドン引き

 1月16日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で披露した益若つばさのトークが視聴者をドン引きさせてしまったようだ。

 トークのテーマは「私の出身地のちょっと恥ずかしい所」というもの。出身地である埼玉県越谷市について益若は、「ヤンキーが多い。私が当時つきあってた彼もある日突然パンチパーマになってたし(笑)。夏祭りになるとそこら中のヤンキーが集まる。屋台をやっているのもヤンキーで、姉がヤンキーと仲がいいから中高生だった私もVIP待遇で『姐御、お疲れ様ッス!』って20人ぐらいのヤンキーがバッと集まるんですよ。私は元ヤンじゃないけど埼玉だし、姉が元ヤンだから『ヤンキーだろ!』って言われるのが恥ずかしい」などと語った。

 軽妙な明石家さんまの合いの手もあり、番組が決して盛り下がったわけではないが、視聴者の反応は「自慢話にしてるとしたらイタすぎ」「ヤンキー話って大嫌い」「越谷市にヤンキーは多くない!この時代にパンチはいない!」など散々だった。

「ヤンキー関連の話は、視聴者にはウケないどころかアンチを増やすだけかもしれませんね。工藤静香さんや木下優樹菜さんも同じ失敗をしている。いかにも古臭いし、ヤンキーにあこがれる人なんて今時ほとんどいませんよ」(テレビ誌ライター)

 埼玉県出身のある男性も彼女のトークにこう不満をぶちまける。

「益若つばさは現在32歳ですから、中高生の時となると15年ほど前になるでしょう。いくら埼玉でも、15年前ならヤンキーなんてそんなにはいませんよ。パンチパーマなんて見たことありません。話を盛りすぎです。まるで埼玉をバカにするような話で、埼玉県民を敵に回してもおかしくないですよ」

 地元のダメなところということで面白おかしく話したのだろうが、ヤンキー関連のトークは今後は「NG設定」にしたほうがよさそうだ。

(笠松和美)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚