芸能

マユツバのヤンキー武勇伝に猛批判!益若つばさの地元話に視聴者がドン引き

 1月16日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で披露した益若つばさのトークが視聴者をドン引きさせてしまったようだ。

 トークのテーマは「私の出身地のちょっと恥ずかしい所」というもの。出身地である埼玉県越谷市について益若は、「ヤンキーが多い。私が当時つきあってた彼もある日突然パンチパーマになってたし(笑)。夏祭りになるとそこら中のヤンキーが集まる。屋台をやっているのもヤンキーで、姉がヤンキーと仲がいいから中高生だった私もVIP待遇で『姐御、お疲れ様ッス!』って20人ぐらいのヤンキーがバッと集まるんですよ。私は元ヤンじゃないけど埼玉だし、姉が元ヤンだから『ヤンキーだろ!』って言われるのが恥ずかしい」などと語った。

 軽妙な明石家さんまの合いの手もあり、番組が決して盛り下がったわけではないが、視聴者の反応は「自慢話にしてるとしたらイタすぎ」「ヤンキー話って大嫌い」「越谷市にヤンキーは多くない!この時代にパンチはいない!」など散々だった。

「ヤンキー関連の話は、視聴者にはウケないどころかアンチを増やすだけかもしれませんね。工藤静香さんや木下優樹菜さんも同じ失敗をしている。いかにも古臭いし、ヤンキーにあこがれる人なんて今時ほとんどいませんよ」(テレビ誌ライター)

 埼玉県出身のある男性も彼女のトークにこう不満をぶちまける。

「益若つばさは現在32歳ですから、中高生の時となると15年ほど前になるでしょう。いくら埼玉でも、15年前ならヤンキーなんてそんなにはいませんよ。パンチパーマなんて見たことありません。話を盛りすぎです。まるで埼玉をバカにするような話で、埼玉県民を敵に回してもおかしくないですよ」

 地元のダメなところということで面白おかしく話したのだろうが、ヤンキー関連のトークは今後は「NG設定」にしたほうがよさそうだ。

(笠松和美)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
3
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗